HI!心呼吸 1月21日(金)

M1>   ギヴ・アス・ア・ブレイク  /    ジョン・セバスチャン

 

今週の締めくくりはこの2曲にしてみました♪

60年代からバンド(ラヴィン・スプーンフル)のフロントマン

としても活躍したり、多くのヒットを生み出したメロディ・メイカー、

アメリカのシンガー・ソングライター

『JOHN SEBASTIAN ジョン・セバスチャン』

 

1998年にリリースされた

『ザ・ベスト・オブ・ジョン・セバスチャン』

ジョン・セバスチャンのフォーク・ナンバー、

70年代のバンド・サウンドも収録されています。

その中でも代表曲の『Give Us a Break』♪

オシャレなアレンジに柔らかいジョン・セバスチャンの歌声。

いい時間の流れを感じることができます。コーヒーによく合う♪

 

 

 

 

 

M2>   夢の旅人(Mull of Kintyre)/  ポール・マッカートニー & ウィングス

 

『ポール・マッカートニー』のウィングス時代のベストアルバム。

1978年に発表された『ロンドン・タウン』までのウィングスのヒット曲を中心に収録されています。

『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』

その中から『夢の旅人(Mull of Kintyreマル・オブ・キンタイア)』

 

「マル・オブ・キンタイア・・・

おお、霧が海から押し寄せてくる

僕の望みは、いつもここにいることなのさ・・・マル・オブ・キンタイアよ」

シンプルで覚えやすく、それでいて何度聴いても飽きない。

まさにマッカートニー・ミュージック。

「マル・オブ・キンタイア」とはポールが1960年代から広大な自宅を所有するスコットランドの半島(岬)のこと。名曲は40年以上の年月なんて軽く超えていく。

HI!心呼吸 1月20日(木)

M1>    The Cave  /    マムフォード・アンド・サンズ

 

『マムフォード・アンド・サンズ』

イギリス・ロンドン出身のフォークロックバンド。

2007年に結成されたマーカス、ベン、ウィンストン、テッドの4人。

このサウンドを聞くと、アメリカ人の空気しか感じなかったりしますが、

彼らはそうです。

イギリス人です。イギリス人だけどアメリカのルーツ・ミュージックをこよなく愛する4人。

カントリーやフォーク、ゴスペル、ブルーグラス・・・

といった要素を消化して作ったアルバムは土臭いんですが、

シャープで粋。

そしてアメリカで成功することは快挙だったわけです。

そこから彼らの音楽は変化していくんです。

フォーうサウンドを離れ、R&Bに傾倒したり、EDMに入っていったり・・・。

それはそれで好きなんですが、

個人的にはやはりフォーク・サウンドの『マムフォード&サンズ』好き。

2009年にリリースされた「サイ・ノー・モア」から♪

 

 

 

 

 

M2>      Yellow  /    コールドプレイ

 

世界的に大ヒットした後『コールドプレイ』を一気にスターダムに

押し上げた2000年にリリースされたデビューアルバム。

『Parachutes』(パラシューツ)

 

このデビューアルバムはリリースと同時に全英チャート1位。

33週間連続でトップ10入り。

間違いなく代表するデビューアルバム。

こんなにも感動させてくれるアルバムはないでしょう。

「クリス・マーティン」の震えた声。

雄大なギターをバックに感動を与えてくれる。

色んな日があるように、感情が乱れることもあるように、

自然体に色んな色に染まる自分でも良いんじゃないかなと思わせてくれる♪

 

 

HI!心呼吸 1月19日(水)

M1>    If I Die Young  /    ザ・バンド・ペリー

 

『ザ・バンド・ペリー』

カントリーとロックンロール。

その両方への愛を両親から受け継いだ『ザ・バンド・ペリー』

2005年結成の「カントリー・ミュージック・グループ」

アラバマ州モバイル出身のキンバリー、リード、ニールのペリー3人姉弟で構成。

 

2012年にリリースされた1stアルバム

『ザ・バンド・ペリー』

このアルバムに収録された「イフ・アイ・ダイ・ヤング」はカントリー・ミュージック・チャートとアダルト・コンテンポラリー・チャートで1位。

2014年にはグラミーの最優秀カントリー・パフォーマンスを受賞しています。

姉弟ならではの息の合い方。純粋なカントリーを引き継ぐ真っすぐさ。

その真摯な雰囲気が好きなバンドです♪清々しい気持ちになれます♪

 

 

 

 

 

M2>   Invisible(インヴィジブル)  /        ハンター・ヘイズ

 

『ハンター・ヘイズ』

ハンター・ヘイズはルイジアナ州ブローブリッジで生まれました。

第56回グラミー賞授賞式にはパフォーマンス・アーティストとして登場して、

この時、新曲の「Invisible」を披露しています。

授賞式で新曲を披露するのは史上5人目だったとか。

 

2014年にリリースされた『Storyline』

「テイラー・スウィフト」を手掛けている『ダン・ハフ』と

共同でプロデュースを手掛けたこのアルバム。

テイラーもお気に入りだということを発表していましたね。

スティール・ギター・プレイヤー『ポール・フランクリン』らもが参加して

確かな演奏でバックを固めているバンドサウンドも気持ちいいです♪

『Invisible / インヴィジブル』は名曲ですね♪

HI!心呼吸 1月18日(火)

M1>   Wem gehort die Welt(ヴェム・ゲホールト・ディ・ヴェルト)/  

ジョイ・デラナーニ

『ジョイ・デナラーニ』

ジョイ・デナラーニは、ドイツ人の母親と南アフリカ人の父親のもと、

6人兄弟の第3子としてベルリンで生まれました。

ドイツから「本物のソウルを聞かせてくれるアーティスト」

ということで注目を集めます。

生楽器の魅力を最大限に生かして、

ソウル、ファンク、ジャズ、

アフリカン・ミュージックをミックスさせる独特の空気感。

彼女ならではの魅力です。

ゲストに、アフリカン・トランペッターとして有名な

「ヒュー・マセケラ」

そして、彼女が尊敬する「ニーナ・シモン」のカバーなど。

2002年にリリースした『Mamani』ママーニから♪

 

 

 

 

 

M2>     Lady    /  ディアンジェロ

 

1995年にリリースされた

『BROWN SUGAR』

『ディアンジェロ』が放った名作。

 

この「BROWN SUGAR」の発売からもう27年も経つ。

しかし、未だに聞いていても飽きが来ないのは一体・・・

まるで中毒性みたいなものを昔感じていたが、

それが今でも感じられることの驚き。

もう27年も経つこと自体驚き・・・ですが、

後に『マックスウェル』や『エリカ・バドゥ』

などの「ニュークラシックソウル」の誕生のきっかけとなった名盤ですから。

ソウルといいながら、全体としてはジャズの雰囲気♪

ラファエル・サディークとの共作「Lady」♪

HI!心呼吸 1月17日(月)

M1>   Young Girls  /    ブルーノ・マーズ

 

今週もこのコーナーでお付き合いください♪

今週はハワイのホノルル育ち。

「ブルーノ・マーズ」です♪

 

2012年にリリースされたブルーノ・マーズの2枚目のスタジオ・アルバム

『Unorthodox Jukebox / アンオーソドックス・ジュークボックス』

このアルバムのインパクトも大きかったですね。

メロディのセンス、歌声もずば抜けている感じ。

今度はどんなメロディで喜ばしてくれるのか!

ワクワクして聞いていました。

ブルーノ・マーズの両親は音楽好きだったらしくて、とにかく音楽だらけの家で育ったという彼。

日本のミュージシャンだと山下達郎さんが好きらしい。やっぱり達郎さん凄い。

 

 

 

 

 

M2>  Clean Bandit(クリーン・バンディット)

 

イギリスで結成された『Clean Bandit』(クリーン・バンディット)

久しぶりにこの曲のサビのメロディが身から離れなくなりました。

しっかりしたグルーヴを持ちつつ、とても端正で繊細。

そんな音楽を作ってきたクリーン・バンディット。

 

2014年5月にリリースされた

『New Eyes』

ストリングスの透明感は本当に素晴らしく美しい。

シンプルでキャッチーな曲が多いですが、

基本の音楽に見事なアレンジを加えて、統一感をみせています。

なんと言っても「Rather Be」♪は最高の1曲でしょ。

クラッシックとEDMのミックスが新鮮。

でもEDMというよりクラブ・ミュージックという言葉のほうが似合うかな。

 

HI!心呼吸 1月14日(金)

M1>   Since I Lost My Baby  /   アンジー・ストーン

 

今週の締めくくりはこんな2曲で♪

2005年 7月に 54 歳という若さでこの世を去った

『ルーサー・ヴァンドロス』

アメリカを代表する、今でも大好きなR&B歌手。

1976年にソロデビューしたんですが、80年代のいわゆるブラコンの先駆者。

そんなルーサー・ヴァンドロス。

彼は多くの大物女性ヴォーカリストと共演したことでも有名。

ロバータ・フラック、チャカ・カーン、ベット・ミドラー・・・など数知れず。

このトリビュートアルバム

『So Amazing: All Star Tribute Luther Vandross』は2005年にリリースされました。

アッシャー、スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリンなどが参加。個人的におススメは「アンジー・ストーン」が歌ったこの曲を♪

 

 

 

 

M2>    Hey Blue  /    トニー・リッチ・プロジェクト

 

今週の締めはこんな懐かしい1曲で♪

1995年にリリースされたアルバム

『トニー・リッチ・プロジェクト』のアルバム『Words』から。

このリリース前には「ボーイズIIメン」に曲を提供したことでも知られた

『トニー・リッチ』

彼の才能を世に知らしめた自作自演プロデュース作品。

まさに時代の先を行ったマルチさ。

 

「Hey blue」で軽やかにスタートするこのアルバム。

2曲目の「Nobody Knows」♪に何度、涙腺を刺激させられたか・・・。

本当にこの時代にお世話になった思い出の1枚。

触れる優しさ。肌触りの良い音楽ってこんな感じでしょうか?

トニー・リッチの才能をどうぞ味わってください♪

HI!心呼吸 1月13日(木)

M1>     Him (ヒム)  /   ルパート・ホルムズ

 

『ルパート・ホルムズ』

どうしても聴きたくなってしまう。

そんな曲って皆さんもおありでしょう?

という事で、今日は70年代を代表する、ラジオでも愛されたAORの名曲♪

1979年にリリースされたアルバム

『Partners in Crime パートナーズ・イン・クライム』♪

このアルバムから、やはりこの曲でしょう。

「 Him 」

この年、全米1位を記録した無茶苦茶ヒットした1曲。

シングルカットされたこの曲は今の時代も愛されています。

何度も聴きたくなってしまう。

ちなみにこの曲「これは男女2人ではなく、男2人に女1人が登場するストーリー。

どっち取るんだ」という話♪

 

 

 

 

 

M2>  BEYOND THE SEA feat. John Shipe  /   ヘイリー・ロレン

 

AORからちょっと強引だったかも・・・

『ヘイリー・ロレン』

アラスカ生まれ。

幼年期にジャズ・シンガーの「エッタ・ジョーンズ」

「ナット・キング・コール」などを聴いて育った彼女。

自然に歌う環境にいたみたい。

2010年にリリースされた『After Dark』

ジャズ・スタンダードはもちろん、ジョニ・ミッチエル、

スティーヴィー・ワンダー、などを巧みに、セクシーにカバー。

スモーキーな歌声を聞かせてくれます。

妖艶な歌いっぷり。

ちなみにリリース時は26、7歳だったはず。

「ジョン・シープ」とのデュエット、フランス語もさり気なくて上品です♪

HI!心呼吸 1月12日(水)

M1>    I’ll Be There   /      Jackson 5

 

言わずと知れた名曲。

『Jacson5』の1970年に発表された『I’ll Be There』♪

 

バックストリート・ボーイズ、ワン・ダイレクションなどの

「ボーイ・バンド」の先駆けと言われるスパーグループ。

もちろん『マイケル・ジャクソン』をリード・シンガーに、

1969年にモータウンからデビュー。

デビューからヒットを連発。

一世を風靡した「ジャクソン兄弟」

この時、マイケル・ジャクソンは12歳。

12歳の歌声に世界中が魅了され、泣いた。

この説得力、キュートさ、センス。歌唱力の凄さ。

もうマイケルを超えるアーティストは出てこないのか?

 

 

 

 

 

M2>    Beautiful World   /     コニー・タルボット

 

『コニー・タルボット』

イギリスの出身のシンガー。(2000年 11月 20日 生まれ)

現在21 歳。

2007年に、イギリスでタレント発掘の公開オーディション番組に

『6歳』で出場。

6歳で見事デビューを掴んだシンデレラ・ガール。

このアルバムは13歳の時(2013年)にリリースされた

3rdアルバム『Beautiful World』

天才シンガーが少しお姉さんになって、

美少女になったコニーちゃんが可愛くて。

マイケルとは別の凄さが彼女にはあります。

素直な歌唱は爽やかで嫌味がない。

今は21歳の大人の女性に♪今の彼女の声も聴いて下さいね♪

 

HI!心呼吸 1月11日(火)

M1>  Many Rivers To Cross(遥かなる河)  /   ジミー・クリフ

 

新年を迎え、1月11日。

今日って「一粒万倍日・天赦日」が重なる日。

そんな日にはこんな名曲で気合を入れたい。

「ボブ・マーリー」に続いて、

レゲエ界では2人目の「ロックの殿堂」入りを果した

『ジミー・クリフ』による1969年の傑作。

『Jimmy Cliff』

1972年に公開された名画

「The Harder They Come」(ザ・ハーダー・ゼイカム)

ジミー・クリフ主演のレゲエ映画。レゲエ好きな方は見ないと駄目。

ジミー・クリフの名曲が満載なんです。

この曲もじんわりと「腹の底から闘志がわいてくる」感じ。映画でもどうぞ♪

 

 

 

 

 

M2>          Alison   /     リンダ・ロンシュタット

 

時代を感じるジャケット・デザイン♪

イイで時代ですよね♪

1978年にリリースされた『リンダ・ロンシュタット』のアルバム。

『ミス・アメリカ』(Living In the USA)

それぞれのお気に入りの曲のイントロのギターから感涙もの♪

豪華なゲスト・ミュージシャンと

円熟味のリンダ・ロンシュタットのヴォーカル♪

スモーキー・ロビンソンの「ウー・ベイビー・ベイビー」、

この1977年にリリースされたエルヴィス・コステロの

『アリソン』のカバー♪

デイヴィッド・サンボーンがアルト・サックスも効いてます。

僕の憧れるイイ時代が蘇る♪

そんな方も多いのでは?

 

HI!心呼吸 1月10日(月)

M1>     Kids Again   /     サム・スミス

 

今週もこのコーナーでごゆっくりして下さい♪

『成人の日』祝日の今日は少し昔の自分を思い出してみようかな?

という事で『サム・スミス』

2020年にリリースされた

『Love Goes』

このアルバムのボーナストラックの前の「最後の新曲」

としての位置づけ。

「Kids Again」♪

その当時、若すぎて無責任だったことに対して、

謝罪だったり、大きな人生の中での経験だったり、

無邪気さと今の自分との対比みたいなモノを歌っている。

確かに若さゆえの失敗や後悔も必要ですよね。

新成人の皆様!ご成人おめでとうございます!

 

 

 

 

 

M2>  A Woman’s Needs   /    エルトン・ジョン

 

新成人の皆さんにこんな1曲はいかがですか?

これから素晴らしい音楽との出会いもあるでしょうが、

こんな曲にも触れていただきたい。

 

『エルトン・ジョン』

彼が1992年にリリースした

『Duets』

k.d.ラング、ドン・ヘンリー、クリス・レア、

ニック・カーショウ、ポール・ヤング・・・など豪華なミュージシャンたちとの

デュエットを収録したアルバム。

このゲストの方たちとのアプローチが素晴らしいんです。

その中でもおススメが、

アメリカ、カントリーのシンガーソングライター。

『タミー・ウィネット』とのデュエット♪泣けます♪