HI!心呼吸 7月19日(金)

M1>   ザ・リヴァー・ピープル   /   ロバート・フォスター

 

今週の締めくくりはこんな2曲に♪

80年代に人気を博したオーストラリア出身バンド、

『ザ・ゴー・ビトウィーンズ』(The Go-Betweens)。

バンドの中心を担ったのが

『ロバート・フォスター』

そんな彼のソロ・デビュー・アルバム

『デンジャー・イン・ザ・パスト』

ジャケットからの想像を良い意味で裏切ってくれた土臭いアルバム。

バンド時代のニオイを残しつつ。

自分の世界を模索した結果、自然の息吹を感じる作品。

大地を感じられる・・・

そんな曲が多くて驚いたんです。

プロデュースは「ミック・ハーヴェイ」

アコースティックなメロディに、無骨な素朴なフォスターの声が綺麗に乗り、

ホクホクとした気持ちにさせてくれる。川が流れ、見上げれば青空が広がる・・・。

 

 

 

 

 

M2>   トラスト・サムボディ  /  ジャック・テンプチン

 

今週の締めくくりはこんな曲に♪

イーグルスの「Peaceful Easy Feeling」などの作者としても知られる

シンガー・ソング・ライター

『ジャック・テンプチン』

この方の音楽はイーグルスよりもピースフルかもしれません。

1997年にリリースされている

『ピースフル・イージー・フィーリング~ザ・ベスト・オブ・ジャック・テンプチン』

ベスト盤には彼の優しく滑らかな曲達が収録。

1960年代後半からロサンゼルスでシンガー・ソング・ライターとして

活動していたジャック・テンプチン。

そんなテンプチンとグレン・フライ、J.D.サウザー、トム・ウェイツらとの交流。

以後、彼らの友情は続きながら時代をリードしていくんですね。

下積みの時代を友と過ごす、そこから生まれる名曲たち。

ドラマみたいなストーリーがそこにはあるんです。

 

 

HI!心呼吸 7月18日(木)

M1>    テイク・イット・アウェイ  /  ルー・パーディニ

 

天才的な才能。作曲家+シンガー

男性のソロアルバム1996年にリリースされたアルバム

『リヴ・アンド・レット・リヴ』

Chicagoの「ビル・チャンプリン」が脱退した後、

キーボードパートの後任としてChicagoのメンバーになったのが

『ルー・パディニ』

まさに大人のAORを奏でる影の名アーティスト♪

力強い歌声も魅力のひとつ。

CDではなくLIVEで聴いてみたい。

そんなサウンドを届けてくれます。

この声の爽やかさ。純粋でピュアなこの歌声。

嫌味なんて何にも無い。

ボズ・スキャッグスがお好きな方や、ボビー・コールドウェルをキリッとした感じ。

お好きな方には間違いなく気に入ってもらえると思います。

大人が楽しめる音楽。

疲れを癒してくれるそんな効果がある?と僕は思う。

 

 

 

 

 

M2>     NO OTHER WOMAN   /    マット・ビアンコ

 

「マット・ビアンコ」

このシーズンになるとこのサウンドは心躍ります♪

1995年のベスト盤『Gran Via』

このタイミングで発表されたオシャレなアレンジ、ファンク、サルサ、サンバ、ボサノヴァ、アシッドジャズ、ハウス・・・。

いろんなジャンルの音楽を思いのままにアレンジした印象。

このアルバムから懐かしい

「NO OTHER WOMAN」

ミディアム・テンポの大人のサマーチューン。

あらゆる音楽スタイルを吸収し続けているマット・ビアンコ。

実は1986年にリリースされた 2nd アルバム以降

「マーク・ライリー」と長い間パートナーとして支えてきた盟友の「マーク・フィッシャー」が2016年に死去され、その悲しみを乗り越えた2017年の「GRAVITY」はJAZZにこだわった大人の1枚。こちらもおススメ♪

 

HI!心呼吸 7月17日(水)

M1>    Fairy    /    ACOUSTIC CLUB

 

ギタリスト「宮野弘紀」さん率いるアコースティック・ユニット。

『ACOUSTIC CLUB』

1991年にリリースされた『My Funny Valentine』(マイ・ファニー・バレンタイン)

91年当時。メンバーがオリジナルメンバーから少し変化していて、

このアルバムにはヴィブラフォン奏者

『ゲイリー・バートン』をゲストに迎えた作品。

ベテラン・ミュージシャン(大人)が本気を出すとコレ。

少しオシャレなことをすると、

こんな仕上がりになってしまう・・・たまりません。

曲によってはさわやかなそよ風のように、

時には情熱的な荒々しい演奏に、

独特の大人の風を吹かせてくれます。

期待を裏切らない、安定の気持ちよさ。

リラックスするにも、リフレッシュするにもこのメロディの透明感は

凝り固まった気持ちをほぐしてくれるようです。

 

 

 

 

 

M2>  You’re the Best Thing (The Style Council)  /  Lisa Stansfield

 

『スタイル・カウンシル』の「You’re The Best Thing」を

『リサ・スタンスフィールド』がカヴァー。

イギリスのBBCレディオ2の人気番組「Sounds of the 80s」の目玉。

ゲスト・アーティストによるパフォーマンス。

貴重なカヴァ―曲の数々が、2枚組のアルバムに詰め込まれている。

『Sounds of the 80s』

このアレンジはベテラン『リサ・スタンスフィールド』がラフにカヴァー。

ラフさが耳に心地いいです。

スタイル・カウンシルの不屈の名曲が鮮やかにアレンジされていますが、

80年代の輝かしい曲たちが、数多くの名アーティストにカヴァーされるこのアルバムは、万能な活躍をしてくれそうです。

リサのほかにもプリテンダーズのクリッシー・ハインド、

マニック・ストリート・プリーチャーズ、エド・シーラン、

カイリー・ミノーグなど豪華な顔ぶれ。

どんなカヴァーをしているのか想像しながら聴いてみるのも面白い。

予想できない曲をこのアーティストが・・・なんてことも!

 

HI!心呼吸 7月16日(火)

M1>     Samba e Amor  / ベベウ・ジルベルト

 

「シコ・ブアルキ」と「カエターノ・ヴェローゾ」の共作。

『ベベウ・ジルベルト』が歌う「Samba e Amor」、

多くのミュージシャンが歌う中でも個人的には群を抜いていると感じています。

彼女の声はもはやヒーリング♪

幸せになれる歌声♪ボサ・ノヴァ・シンガー「ジョアン・ジルベルト」と「ミウシャ」の娘。『ベベウ・ジルベルト』です。

彼女の運命はその偉大なる両親のもとに生まれたこと。

いつだってその紹介になってしまう。

しかし、彼女のプロフィールを知らずに聴いて頂く事が一番の聴き方のような気がします。

シンプルに彼女の素晴らしさをプロフィールなんて関係なく味わって頂きたい。

そんな「ベベウ・ジルベルト」のデビュー・アルバムがこちら。

2000年にリリースされた『タント・テンポ 』

このシーズンのBGMとしても最高ですが、このアルバムの雰囲気はどんなシチュエーションでも合うから不思議。リゾート感も漂う良い時間が流れます。

 

 

 

 

 

M2>  TO HEAR YOU SAY YOU’RE MINE /  キャンディ・ステイトン

 

こんな幸せな曲はいかがですか?

アラバマ出身、ソウル、ゴスペルをベースに多くの名作を残してくれた女性シンガー

『キャンディ・ステイトン』(Candi Station)

サザン・レディ・ソウルの金字塔♪

そんな作品から1曲お送りします♪

ソウル、カントリーが見事に融合したサウンドは程よい甘さが丁度いい♪

1971年にリリースされた2nd

『STAND BY YOUR MAN』

この名作から『TO HEAR YOU SAY YOU’RE MINE』♪

キャンディの甘さと、ディープな歌声は癖になる。

そのハマったらなかなか抜け出せない魅力。

南部独特ともいうべき少し土臭さ、

乾燥した音の濃くは日本ではなかなか味わうことができない世界。

この名盤でジックリとお楽しみください♪

 

HI!心呼吸 7月15日(月)

M1> Mahalo E Na Hoa (マハロ・エ・ナ・ホア) /  Maunalua (マウナルア)

 

今週もこのコーナーでごゆっくりと♪

そんな今日は『海の日』

男性三人の美しい声が、耳に流れ込んできます。

ハワイの有名なレストランで演奏していた彼らの名前は

『Maunalua』(マウナルア)

レストランでの活躍が認められて2000年には念願のCDをリリース。

それがこのアルバム『マウナルア』

スラック・キー・ギターの「ボビー」、ウクレレの「ブルース」、ベースの「カヒ」

による実力派トリオ。

特徴のあるファルセット・ヴォイス。

キレのあるギターストローク、このトリオの息の合ったプレイ♪

その安定した演奏は数知れずレストランでのパフォーマンスのたまもの。

このデビューアルバムが2001年のナ・ホク・ハノハノ・アワードで

「ハワイアン・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞してしまうというスターダムに♪

 

 

 

 

 

M2>  Matter Of Time (マター・オブ・タイム)  /   ヘンリー・カポノ

 

ハワイの音楽シーンを代表する男性デュオ

『セシリオ&カポノ』の『ヘンリー・カポノ』

70年代にサーフ・ロック・ミュージシャンとしてデビュー。

ハワイの音楽シーンにおいては外してはならない重要なアーティストの1人。

「カラパナ」と並んでハワイアン・ロック界を代表する実力派デュオとして、

高い人気を誇りました。

80年代にはトロピカル・サウンドの担い手として、

その活躍は過去にリリースされているアルバムからも十分感じ取ることができます♪

ハワイ出身のカポノ、この都会的なセンスはオシャレすぎます。

そのサウンドはハワイのリゾート感たっぷりに味わい深く、美しいアルバム。

“ライト&メロウ”をテーマに作られてこの

『KAPONO』

ジックリと浸れるオリジナル・ナンバーの数々。

さぁ、ハワイに想いを馳せながら今日もこの後特別番組を楽しみます♪

 

 

HI!心呼吸 7月12日(金)

M1>   Life’s Lullaby     /    ドン・フェルダー

 

今週の締めくくりはこの2曲にしてみました♪

70年代、80年代に活躍したアーティストの存在は大きい。

この人の名前も忘れてはなりません

『ドン・フェルダー』

名曲「ホテル・カリフォルニア」の作曲者として、

その名を刻んだドン・フェルダーの2012年にリリースされたアルバム

『Road To Forever』

「ライフズ・ララバイ」を。

春先に聞いても気持ちよかったこのアルバム。

夏のシーズンにもフィットする曲が並んでいます。

乾いた空気を体感して、

乾いた音を楽しむ♪

豪華なゲスト人が脇を固めている乱れのない完璧な大人の音。

この大人の音の中にも「イーグルス時代」のキラキラした姿を想像できてしまいます。

無邪気さには哀愁も感じたりする訳です。

それが大人の色気みたいなもので・・・やっと似合うシーズンなのかも♪

 

 

 

 

 

M2>    Carry You Home   /  ジェイムス・ブラント

 

夏に迫ってくる今の時期。

今週の締めくくりはこの曲にしてみました♪

好きなんだな。

2007年にリリースされている2nd『オール・ザ・ロスト・ソウルズ』

『ジェイムス・ブラント』の2ndアルバム。

デビュー・シングル

「ユア・ビューティフル」はあまりにも名曲すぎる。

それだけ良い曲であることで賛否両論を受けた彼の2枚目の作品、

彼が素晴らしいアーティストであることを証明した名盤だと思う。

いつ聞いても癒してくれるような温かさ。

その温もりを感じるには季節なんて関係ない。

少し湿り気のある音。

どこか70年代のイギリスロックを想像させて、懐かしい空気を放つところなんて

憎らしいほど美しい。

ラブソングはこういう音楽を奏でられるアーティストが歌うべきではないのか?なんて。

 

HI!心呼吸 7月11日(木)

M1>  Wrapped In Grey(ラップト・イン・グレイ)  /    XTC

 

『XTC』 (エックス・ティー・シー)

イングランド・ウィルトシャー出身のロック・バンド。

日本のミュージシャンにも多大な影響を与えたバンドとしても有名です。

例えば「カーネーション」、「スピッツ」、「サカナクション」・・・等々。

「XTC」と言えば美しいメロディと、歌詞の世界の素晴らしさ。

宗教、政府、戦争・・・

難しそうな説教じみた事柄をポップに表現したイメージがある。

今の時代に聞き直すとこの作品などの良さに改めて気づいてします。

先ほど書いたような表現がすんなり入ってくるというか・・・。

1992年発表。

プロデューサーに「ガス・ダッション」を迎えた通算10枚目のアルバム

『Nonsuch ノンサッチ』

XTCの名盤です。

じっくり聞いているだけで幸せな気分に。

 

 

 

 

 

M2>   My Yard(マイ・ヤード)  /   ジェイミー・カラム

 

1人でじっくり聴きたい時。

ドライブ・・・にもピッタリの曲が詰まっているそんな1枚です。

ジャズへの先入観を見事に壊してくれたアーティスト。

ジャズへのコダワリ。

そんな小さな枠組みには収まりきらない才能。2枚目にして凄かった・・・。

ピアニスト、ヴォーカリスト

『ジェイミー・カラム』

2006年リリースのセカンド・アルバム『キャッチング・テイルズ』

ジャズ・テイストのピアノに乗せて歌われる甘い声。

リズムをお手玉みたいに遊びながら、

ヒップホップのビート、ソウルなリズム、

別の音楽世界に連れ出してくれる才能。

ジャズの敷居を見事に下げて、想いをしっかりと「ジャズ」で伝えてくれる。

テクニックと、メロディセンス。

いつ聞いてもワクワクします♪

HI!心呼吸 7月10日(水)

M1>    In Roxy`s Eyes   /   ティモシー・B・シュミット

 

『Timothy B. Schmit』(ティモシー・B・シュミット)

1970年代に『ポコ』や『イーグルス』の

ベーシストとして活躍したアーティスト。

そんな彼の代表作。

1990年発表の3rdソロアルバム『Tell Me The Truth』から。

だいぶ懐かしい1曲を♪

「ブルース・ガイチ」、「デヴィッド・コール」らが参加、

彼のソロ最高傑作と名高い一枚。

「ティモシー・B.シュミット」の繊細で美しいヴォーカル。

名曲「サムシング・サッド」なども収録された1枚。

アルバムに収録されたバラード曲は、いい意味で80’sの匂いプンプン。

懐かしい空気をこのアルバムは放っています。

癒されるかも♪

個人的に大好きな1曲を今日はお届けです♪

 

 

 

 

 

M2>  I Can’t Tell You Why(言いだせなくて) /   イーグルス

 

では『ティモシー・B・シュミット』祭りです♪

このアルバムから『EAGLES』にベーシストとして

「ティモシー・B・シュミット」が参加することになります。

ダークな官能美に包まれた70年代最後の実質上のラスト・アルバム。

『The Long Run』

(1979年/第6作目/全米アルバム・チャート:9週連続第1位)

一躍ウエスト・コースト・ロックの代表的な存在となった

「イーグルス」の代表作といっても過言ではない名盤。

ティモシーはこのアルバムに収録された

「I Can’t Tell You Why(言いだせなくて)」で

「リード・ボーカル」を担当したんです。

アルバムの『ロング・ラン』には

「人生は長い。信じる気持が強ければ、必ず得られるものがある」

というメッセージが♪

 

 

 

HI!心呼吸 7月9日(火)

M1>   LIVE FOR TODAY  /  コナー・リーヴス

 

R&Bをこよなく愛する気持ち。

紳士な雰囲気を纏った音楽。

マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーの影響を受けた英国のシンガー。

自身のシンガーの領域を大事に、しつこくなく聞かせてくれる素晴らしいシンガー

『コナー・リーブス』

UKソウル「ダリル・ホール」のようなソウルにやられた白人シンガー・ソングライターのイギリス版。

そのソングライティング力は、切なく、ひっかかりもアリ。

1997年のデビューアルバム

『アースバウンド』

全英14位、英R&Bチャートでは、2位を記録しています。

音楽への愛情がたっぷり注がれているのが伝わるアルバムは1997年の

デビューアルバム『アースバウンド』

感動的な名バラードとして人気でしたが、日本でも「佐藤竹善」さんもカバー♪

 

 

 

 

 

M2>  Love City Groove(Euro Mix) /    ラブ・シティ・グルーブ

 

聞いて涙しちゃうくらい大好きだったアルバムから。

『ラブ・シティ・グルーブ』の

1995年のアルバム

『ハード・タイムス』

懐かしすぎて泣けてくる・・・。そんな方も多いんじゃないでしょうか?

イギリスのプロデューサー「Beanz」「G. Stewart」によるダンスポップ・プロジェクト。

ラッパーの「Jay」、女性シンガー「Jingles」からなるグループ。

このプロフィールを書いているだけでも懐かしい。

久しぶりに「ラブ・シティ・グルーブ」を聴いて心が震えています。

作品は日本人向けなのかな?

というぐらい日本にフィットした感じがしましたが、

95年の95年のユーロヴィジョン・コンテストのイギリス予選で優勝したグループだったりもする本格的なグループ。

ラップもアメリカの「ギャングスター」のイメージとは全く違って、ライトなラップ♪

 

HI!心呼吸 7月8日(月)

M1>    How Low    /   ジャスティン・ノヅカ

 

今週もこのコーナーにお付き合いくださいね♪

しっとりとしていた季節ももうすぐで終わるのかな?

梅雨のシーズンにしっとりと聞ける歌声。

ラブソングを多めに♪

現在35歳。9月で36歳の誕生日を迎える彼。

ニューヨーク生まれ。フルネームは「ジャスティン・トキミツ・ノズカ」

の音楽から始めていきましょう♪

『ジャスティン・ノヅカ』

2010年にリリースされた『You I Wind Land & Sea』

ニューヨークにて、アメリカ人の母と、日本人の父の間に生まれたジャスティン。

親近感を感じるルックスはもちろん、音楽のセンス抜群。

R&Bの影響を受けた幼少期。

ソウルフルな歌声を聞かせてくれます。

さてそんな彼のこのアルバム。

シンプルに聴かせる作品は全編アコースティックのシンプルな構成。

メインは彼の歌声を前面に押し出す作品になっています♪

 

 

 

 

 

M2>   Talk To Me  /    ジョージ(George Nozuka)

 

ノヅカさん?

そうなんです。先ほどおかけした「ジャスティン・ノヅカ」の実兄。

日系カナダ人ということもあって、親近感がわきます。

お送りしたのは世界的大ヒットになった

『Talk To Me』

1度聞いただけでも耳に残る残音。

このリズムとホッとできるような優しいバラードは色褪せません。

本国カナダだけでなく、日本でも人気になりましたが、

リリース当時、日本ではこのアルバムはリリースされていなかったんですよね。

日本盤のジャケットではなくオリジナルのジャケットでご紹介です。

若いのにこの哀愁を帯びる歌声。

日本人のDNAを半分持ちながら歌われる本物のR&B。

この声をゆっくり味わうだけでも価値があると思いますよ。

このデビュー・アルバム『Believe』はまさに手元に置いておきたい1枚。