HI!心呼吸 9月18日(金)

 

M1>    My Ideal   /      ケニー・ドーハム

 

今週の締めくくりはこの曲達にお願いしましょう♪

「ワン・ホーン」のシンプルさは、なんでしょうか?

スーッとクールダウンさせてくれるパワーを持っていますね。

『ケニー・ドーハム』

1959年に発表された名盤としても有名な1枚『QUIET KENNY』(静かなるケニー)♪

久しぶりに聴きたくなります。

ワン・ホーンでも寂しさは感じさせないサウンド。

音楽、ジャズを聴く楽しさを感じることができる貴重な1枚。

1950,60年代のモダンジャズファンにとっては外せない1枚。

トミー・フラナガンのp演奏も素晴らしい♪My Ideal♪が流れると時間が変わる。

 

 

 

 

M2>  Baby Won’t You Please Come Home  /   レイ・チャールズ

 

今週の締めくくりは『レイ・チャールズ』です♪

9月も半ばを過ぎて、風も随分と秋風に。

ケニー・ドーハムのトランペットに続ける音を探していたら、彼の声に行きつきました♪

『Ain’t That Fine』レイ・チャールズがリリースしたクラシカルな作品。

若かりしレイ・チャールズの声と、跳ねる様なピアノの音色。

ソウルフルで、ジャジーで、ロック。

レイ・チャールズの代表曲のイメージをお持ちの方には、少し薄く、

馴染みのないサウンドかもしれませんが、この初期のモダンなサウンドは涙モノ。

カントリーとソウル融合。この時代に生で聴きたかった・・・そんな気持ちにさせてくれる94年に発売された1枚から♪今週もありがとうございました♪

 

HI!心呼吸 9月17日(木)

M1>    Heart Of Gold   /     エリス・マルサリス

 

『Heart Of Gold』は1992年にリリースされた1枚♪

今日は『エリス・マルサリス』のピアノでゆっくりしていきましょう♪

発表された当時(1992年)。ピアニスト「エリス・マルサリス」は58歳。

ベーシスト「レイ・ブラウン」は66歳。ドラム「ビリー・ヒギンス」は56歳。

三人の円熟したトリオ演奏が存分に聴けます♪

エリス・マルサリスの優しいピアノ・タッチから、トリオを引っ張る様なレイ・ブラウンのベース。無駄のないビリーのドラム。

そしてエリスのピアノ・ソロを聴くと癒されます。すべての音に呼吸する隙間がある気がして♪

実にまろやかで、良いビート。耳が呼吸するにはピッタリですよね♪

 

 

 

 

M2>   YOU ARE SO BEAUTIFUL / ビリー・プレストン

 

1973年だそうだ。

この名盤が生まれたのは『ビリー・プレストン』が放った名盤『The Kids & Me』♪

さてご存知の方も多いでしょうが、この方は「ビートルズ」の『Get Back』 のエレピソロを弾いているのは、若かりし頃のこの方『ビリー・プレストン』!

凄いでしょ!そんな彼のソロアルバムがコレなのですよ!

このアルバムにはあまりにも有名な「Nothing From Nothing」♪

底抜けに明るいメロディにニコニコしちゃいます♪

そしてこの曲♪ジョー・コッカーのカバーでお馴染みの「YOU ARE SO BEAUTIFUL」♪なんと美しく素晴らしいバラードなんでしょうか?秋っぽいね。

この2曲のためだけに手にしました。私は!

HI!心呼吸 9月16日(水)

M1>   Perfect   /     アン・マリー

 

イギリスの空手歌姫『アン・マリー』

彼女は2歳から歌やダンス・演劇などを学びながら、

9歳で「空手」を習い始め、なんと世界選手権を3連覇しているんですって!

ちなみに2015年にデビューEP『Karate(カラテ)』をリリースしています。

現在、UKで愛される女性シンガーの1人。

そんな彼女のデビュー・アルバム2018年にリリースされた

『SPEAK YOUR MIND スピーク・ユア・マインド』♪

とびきりの明るさのポップさと、低音なハスキーな彼女の声が耳に心地いいミディアム・テンポに僕はやられました♪アデルが好きな方にもおススメ♪

Perfect♪な成功をみせてくれるまでには、そんなに時間はかからないかも♪

 

 

 

 

M2>   DO YOU BELIEVE IN LONELINESS /   マーク・アンソニー

 

93年にサルサ・シンガーとしてデビューを飾った『マーク・アンソニー』

僕はサルサを連想しますが、ミュージカルや映画で活躍した俳優としてのイメージも強い方もいらっしゃるかもしれません。

そんなラテン界のトップ・スター「マーク・アンソニー」が放った、

2001年にリリースした2枚目の英語詞のオリジナルアルバム『Mended』

このアルバムもヒットを記録。

完全に世界標準のポップスを狙った作りが個人的には少し残念だった・・・もっとラテンに寄せてほしかったんですが、でも、所々に顔を出すスパニッシュ風味は最高です。

セクシーで情熱的なヴォーカルはこれからのシーズンにも合いますね♪

DO YOU BELIEVE IN LONELINESS♪イントロのスパニッシュギターが泣かせます♪

 

HI!心呼吸 9月15日(火)

M1>    Just Another  /    ピート・ヨーン

 

ニュージャージーのシンガーソングライター『ピート・ヨーン』

「ブルース・スプリングスティーン」を彷彿とさせる渋い声。

哀愁に似たメロディセンス。

見た目からは想像もできないその渋い声と。貫禄。

2001年にリリースされたファースト

『Musicforthemorningafter』(ミュージックフォーザモーニングアフター)

音はしっかりとアメリカン・・・だけどどこかUKっぽさも。

因みに輸入盤のボーナスCDには「ブルース・スプリングスティーン」のカバーも収録♪

個人的にこのメロディが大好き。

耳から離れないんです♪優しいサビの部分が♪

 

 

 

 

M2>   Givin’ Up On You   /    ララ・ファビアン

 

ベルギー生まれ。ベルギー人の父とイタリア人の母の間に生まれた

『ララ・ファビアン』

1991年にカナダでデビュー・アルバムをリリース。

Celine Dionのタイプの歌姫と言ったら分かり易いかな?

ヨーロッパ諸国でも人気を獲得したアーティストです。

日本でもセリーヌを超える人気があってもおかしくない。

2000年にリリースされた『Lara Fabian』♪

英語の歌詞を集めた構成ですが、フランス語で歌われたものや、

イタリア語で歌われたものも聴き応えがあります。

声の魅力・声の力に圧倒されるかも♪

 

HI!心呼吸 9月14日(月)

M1>   哀愁のマンデイ  /   トーリ・エイモス

 

今週もこのコーナーでお付き合い下さい♪

今週はポーランドをはじめ東ヨーロッパなどで絶大の人気。

シンガーソングライター『トーリ・エイモス』

2001年にリリースされた通算6枚目『Strange Little Girls』

このアルバムはビートルズ、ニール・ヤング、トム・ウェイツなど、

男性シンガーのナンバーばかりを大胆にカバーしたという異色作。

そのカバーの選曲が渋すぎる!

今日はアイルランドのニューウェイヴバンド『ブームタウン・ラッツ』のヒット曲。

優しいピアノでシンプルに歌います。

イメージがこんなにも違うカバーって♪素晴らしい♪

 

 

 

 

M2>  I don’t like Monday (哀愁のマンデイ) /   ザ・ブームタウン・ラッツ

 

では、本家の曲もお送りしましょう♪

『ブームタウン・ラッツ』(The Boomtown Rats)は、

アイルランド出身。パンク、ニュー・ウェイヴ・バンド。

1979年U.K.チャートナンバーワン獲得した代名詞的なこの曲。

「I don’t like Monday(哀愁のマンデイ)」

『バンドエイド』の提唱者としても知られるリーダーの『ボブ・ゲルドフ』が、

サンディエゴで起きた銃乱射事件(月曜日が嫌いという理由だけでどこか外国の少女が銃で学校の友達を射殺したというショッキングな事件をきっかけに作られた)をテーマに作曲した「哀愁のマンデイ」。サウンドは初期のデヴィッド・ボウイみたいでグッときます。

このアルバムはやはり時代を超えて名盤ですね♪

 

HI!心呼吸 9月11日(金)

M1>  Lay Your Hands on Me  /    トンプソン・ツインズ

 

今週の締めくくりは80年代の音2曲でいかがでしょう?

このリズム。ベースラインの明確なこと。

『トンプソン・ツインズ』です♪

プロデューサーは「ナイル・ロジャース」が手がけたアルバムとして、

大ヒットを記録した1985年のアルバム

『Here’s to Future Days』から♪

まさに80年代のヒット作の申し子。

先進的なアルバムであることは今聞いても明確。

ホワイトソウル&ファンクで、全編を統一されている美しくもある1枚。

80年代のオイシイとこ取りの作品から生まれたLay Your Hands on Me♪

 

 

 

 

M2>   Every Breath You Take    /     The Police

 

今週の締めくくりは♪ハイ!これです。

イギリスのロックバンド『ポリス』

1983年のアルバム『シンクロニシティー』からの第1弾シングル。

説明は不要でしょうが・・・

本国イギリスでは4週連続、アメリカのビルボードにおいては8週連続1位を記録。

そしてヴォーカル『スティング』は1984年のグラミー賞で最優秀楽曲賞と最優秀ポップ・デュオ/グループ(ヴォーカル入り)を獲得♪

80年代を代表するメロディ。

この切なくも力強いイントロ。ベースライン。青春の1ページ。そんな方も多いはず。

僕は中学、高校時代かな。ボーリング場にあったジュークボックスから流れていたなぁ♪

HI!心呼吸 9月10日(木)

M1>         After ALL      /     アル・ジャロウ

 

久々に『アル・ジャロウ』です。

広い声域に、ソフトで伸びやかな歌声は令和の時代にも残さないといけない声。

そして卓越したボーカル・テクニックはもちろん。スキャットは彼の代名詞。

今日の曲にはそのスキャットは全く入っていないですが…。

1984年にリリースされた『High Crime』

「After All」♪です。

当時「タバコ」のCMに使用されていたので日本でも人気に。

この優しいメロディとジャロウの歌声はやはり名曲。

ついつい引き込まれていく世界。

「ジェイ・グレイドン」がアル・ジャロウをプロデュースした1枚から♪

 

 

 

 

M2>   Forever For You  /    Naturally 7 (ナチュラリー7)

 

ニューヨーク出身の「ロジャー・ウォーレン」と「ロジャー・トーマス」のロジャー兄弟が中心になって結成された、7人組『Naturally 7』

ゴスペル・スクールと聖歌隊出身者からなる7人のコーラスは一聴の価値あり♪

2004年にデビュー・アルバムを。

クリスマス時期にも彼らのコーラスは格別ですよ♪

コーラスはもちろん、ギター、ベース、ドラム、キーボード、ハーモニカ、サックス、チェロ他。

すべての楽器をヴォイス・パフォーマンスで聴かせるという、当時の先駆者。

2008年にリリースされた『Ready II Fly』

その巧みの技。彼らのテクニック。そして乱れのないコーラスワークをお楽しみ下さい♪

今日は大好きなバラード♪Forever For You♪

HI!心呼吸 9月8日(火)

M1>    スワンソング  /    ブー・ヒュワディーン

 

『ブー・ヒュワディーン』

1999年にリリースされたソロとして3作目『Thanksgiving』

この人の曲は以前にもご紹介しています。

なんといっても特徴はアコースティックで控えめなサウンドなのですが、

とにかく曲が良い♪

成熟したソングライティングを披露してくれています。

ジャケットのお顔からは想像できない美声。

聴かないのは勿体ない。

こんな作品を知られずにいるのは本当に勿体ない。

雰囲気がイイアルバムとご紹介したい♪

 

 

 

 

M2>     アースクウェイク   /     レオナ・ネス

 

『LEONA NAESS / レオナ・ネス』

彼女の声も素晴らしいんですよね♪

彼女も以前にご紹介しています。彼女の音楽ルーツはトレイシー・チャップマン、

エディー・ブリケル、キャロル・キング、ジョニ・ミッチェル・・・。

2000年にリリースされた『レオナ』

このファースト・アルバムのレコーディングはウェールズ、イングランド、ハリウッド等で行われたそうな。

ギター、ピアノで表現する彼女の音楽世界。

とってもピュアな音で、時に切なくかすれる声が響きます。

ジョニ・ミッチェルを彷彿させるようなフォーキーさとシットリさ♪

 

HI!心呼吸 9月7日(月)

M1>     ノイチス・ノ・リオ  /     パメラ・ドリッグス

 

今週もこのコーナーで一緒にアクビでもしましょう♪

『パメラ・ドリッグス』

ブラジル出身の名ギタリストである「ホメロ・ルバンボ」の

奥様としても有名なシンガーです。

しかし彼女はアメリカ・ネバダ生まれのジャズ・ボサノヴァを歌うシンガーさんです。

スーッと肩の力を抜いた歌唱と涼しげな声質。

もう今年の夏は去っていきそうですが、今の季節の変わり目に合うボサ・ノヴァを聞かせてくれます♪

彼女の2作目。

2002年にリリースされた1枚『Itacuruca』(イタクルサ)

もちろんギタリスト「ホメロ・ルバンボ」も参加していて、小気味いいギターも♪

素敵なご夫婦競演アルバム♪

すっきりしたボサ・ノヴァは秋の空にもマッチします♪

 

 

 

 

M2>    Luar (ルアール)   /     キャロル・サボヤ

 

もう1曲大好きな声を♪

『キャロル・サボヤ』です♪

1975年3月10日生まれ。彼女は18歳までの約2年半をロサンゼルスで過ごします。

セルジオ・メンデスのアルバム「Brasileiro」(ブラジレイロ)に、なんと17歳にしてコーラスとして3曲参加しているという凄いキャリアを持つ実力者。

トラディショナル・ボサノヴァをベースに、爽やかなブラジリアン・サウンドを楽しませてくれます。

いたるところに真っ直ぐな姿勢が感じられて、とても日本人好みの音だと思います。

2007年にリリースされた『BOSSA NOVA』

ちなみにこのプロジェクトの中心人物は日本人。

だから日本人の好みのアルバムに感じられるのかと思うんですが、

やはり彼女の真っ直ぐな姿勢が日本人のDNAに反応するのかも♪

 

HI!心呼吸 9月4日(金)

M1>      TAKE IT AWAY   /    ルー・パーディニ

 

9月最初の週末に突入♪

今週の締めくくりには♪こんな2曲でいかがでしょうか?

ソングライター、プロデューサー、そして『Chicago』のメンバーとして活動している

「ルー・パーディニ」

1998年にリリースされた彼の2ndアルバム『ルック・ジ・アザー・ウェイ』♪

このアルバムはAOR好きの方には特におすすめ♪

90年代後半の作品ですが、上質なブルーアイドソウル系のAORを聞かせてくれる。

間違いがない!ハズレがない!

哀愁漂う歌声もこれからの季節に合います♪

「ボズ・スキャッグス」に少し似てる気もしますが、また別の渋さと爽やかさ。

バラードは特に鳥肌モノ。涙モノ。どうぞジックリと♪

 

 

 

 

M2>  If you leave me now   /    Chicago

 

今週の締めくくり♪

そんな彼の歌声を聞いたのでChicago(シカゴ)で♪

1976年にリリースされた、

永遠の名曲「If you leave me now」♪

2009年「ビル・チャンプリン」が脱退のタイミングで、

『ルー・パーディニ』(Vo,Key)が正式にメンバーに加入した「Chicago」

このアルバムは1976年にリリースされた『シカゴ Ⅹ』

最高傑作じゃないんですか?メロディセンスや全てが整っている1枚だと思います。

全体を通してアメリカの当時の幸福感みたいなモノが漂っている所も大好きなポイント♪

If you leave me now♪なんて綺麗な曲なんでしょう?今週も感謝です。