8/14 野球審判員を目指す 細井真美子

細井真美子さんは、
普段は食品会社で働きながら、
群馬県野球連盟の前橋支部で、審判員を目指しています。

今年の春から、研修や勉強会に参加したり
実際の小学生の試合で審判をしたりしながら経験を重ねていて、
通常は2~3年ほどで、正式に審判として活動できるようになるそうです。

県内の審判員は、約450人いるということなんですが、
全員が男性です。

細井さんが審判として認められれば、女性審判員はおよそ20年ぶり、
歴代3人目になるといいます。

もともと野球を観るのは好きだけれど、プレー経験はない、という中で、ルールを覚えるのはもちろんですが、その瞬間瞬間、きちんとボールが見えて判断ができる位置に動き続けることが難しいそうです。

プレーができなくても、
ものすごく近くで、野球に参加できることが審判員としての喜びだそう。

群馬県野球連盟では随時審判員を募集しています。
細井さんに続きたい!という方、
詳しくはこちらをご覧ください!

http://www.jsbb-gunma.com/