尾瀬取材日記 ~沼山峠~大江湿原~尾瀬沼~ 

こんにちは!
エフエム群馬の揚妻由璃子です!

今回と次回は、8月24日(土)に
尾瀬に行ってきた様子をお届けします!

ブログでは、『尾瀬取材日記』と題して、
写真を交えて風景をお届けします!

 

今回は、福島県側:沼山峠口からスタートして、
針葉樹の森を歩き、大江湿原を通って、
尾瀬沼に出る、往復7キロほどのコースで行ってきました!


沼山峠休憩所までは、乗り合いバスで行きます!

おこじょがお出迎え^^
可愛いステッカーも頂きました。

 

そして、沼山峠口まで到着!!

 

 

ここからスタート!

 

針葉樹の森の中は、
すっとした香りがして気持ちが良い~☆

 

1時間ほど歩いて、目の前が開けたと思ったら・・
大江湿原!風が涼しくて気持ちが良かったです・・!

 

そして、尾瀬沼に到着!!!

ここで少し休憩☆

 


今回は、福島県側からのチャレンジということで、
車移動は4時間弱と少し長い時間ですが、
実際に歩いた時間は往復でゆっくり歩いて4時間ほど。

当日もお子さん連れの方や、
カップル、小さいお子さんを背負ったお父さんなど、
多くのハイカーの姿も見られました!

尾瀬にまだ行ったことがない!
という方は、ぜひ、チャレンジしてみてください^^!

ネッツ群馬金丸の森イベント情報!『こども自然観察会・金丸の森で遊ぼう!』

こんにちは!
FMGUNMAの揚妻由璃子です。

今回の自然と遊ぼう!では、
9月8日(日)に行うイベントをご紹介!


前橋市金丸町の「金丸の森」で行うイベント
『こども自然観察会・金丸の森で遊ぼう!』

いつも番組で自然について教えてくれている、
群馬県緑のインタープリター会の皆さんが主催で行う、
生き物探しイベントです!

■日時:9月8日(日)午前10時~正午まで
■場所:前橋市金丸町 「ネッツ群馬 金丸の森」
■内容:親子を対象に、生き物探しや
    自然をテーマにしたネイチャーゲームなど

■参加費:1人100円
■持ち物:長そで、長ズボン、帽子、
 雨具、運動靴(できれば長靴)飲み物など

■申込み方法:電話かファクス(027-268-0570)、
       メール(cjtrt003@yahoo.co.jp)で、
       群馬県緑のインタープリター会
       神澤さんまでご連絡をお願いします!!

 

ネッツ群馬金丸の森は、
12年前から植樹を開始して、すっかり素敵な森になりました!

下草もしっかり刈ってあり、
過ごしやすい森です!

木々の葉っぱも太陽の光を受けてきらきら☆

 

これは、植樹祭の様子↓

このように協力してくれた方々によって、
ネッツ群馬金丸の森は、
りっぱな森に成長しました。

そんな素敵な森の中で、
自然に触れる時間を過ごしませんか?^^☆

参加を希望する方は、
電話かファクス(027-268-0570)、
メール(cjtrt003@yahoo.co.jp)で、
群馬県緑のインタープリター会
神澤さん までご連絡をお願いします!!

 

まえばしハニープロジェクトについて

こんにちは!FMGUNMAの揚妻由璃子です。

前橋市の中心市街地に残る緑から蜂蜜を作る
「まえばしハニープロジェクト」が
今年の4月にスタートしました。

プロジェクトは、朝のワイド番組
ワイワイグルービンでもおなじみ、
パーソナリティーの内藤聡さんが発案し、
テルサの指定管理者、
公益財団法人前橋市まちづくり公社が実施、
イベントなどを手掛けるコーエィが、
創業50周年の社会貢献活動の一環として
協力しています。

前橋テルサに設置された養蜂箱では、
順調に蜂の数もふえていて、
6月には、初の蜜絞りも行われました。

取材では、少し味見もさせて頂きました・・!

やわらかい甘みの中に、ほどよい酸味もあって、
とても美味しかったです・・!!

7月20日には、「夏休みミツバチ体験教室」
というワークショップも予定していて、
今度も、教育や地域おこしにも
活用していきたいということです。

今後の動きにも注目ですね!

貴重なチョウ:オオルリシジミについて

こんにちは!FMGUNMAの揚妻由璃子です。

6月10日(月)の自然と遊ぼう!では、
貴重なチョウ、オオルリシジミについてお送りしました。

群馬県緑のインタープリター会会長、
木暮幸弘さんも、初めてみたという、
オオルリシジミが、こちら!

木暮さんは、長野県の安曇野市にある、
国営アルプスあづみの公園に見に行かれたそうです。

瑠璃色の羽に、黒いぶちがついた、
きれいな「オオルリシジミ」。

今では長野県の安曇野市、東御市、飯山市の3カ所と、
九州の阿蘇地方にしか生息していない、
絶滅危惧種にも登録されている、貴重なチョウだそうです。

このチョウは、昔行われていた
野焼きが行われなくなったことなどが関係して、
数が減ったそうなんです。

人間の生活スタイルが変化することで、
その地域の生き物のバランスも
変化してしまうということを、改めて感じました。

気になった方は、
ぜひ、「オオルリシジミ」調べてみてください^^!

桐生自然観察の森 30周年記念制作 フィールドガイド『森のなかまたち』

こんにちは!
FMGUNMAの揚妻由璃子です。

今回は、桐生自然観察の森
30周年記念で制作された、
生き物図鑑『森のなかまたち』をご紹介しました。

生き物図鑑としての使い方ももちろん出来ますし、
それだけでなく、これを持って、
実際に森の中に行って観察をすることが出来る、
フィールドガイドとしての役割も果たせます!

カラフルな写真やイラストがちりばめられていて、
読み物としても楽しい1冊となっています!

桐生自然観察の森でも販売していますし、
書店でも手に入れることが出来ます。

『森のなかまたち』
価格:1,300円(税抜)
メイツ出版から発売中です!

http://www.mates-publishing.co.jp/archives/24309

ぜひ、手にとって見てください^^!

奥日光 クロスカントリー/ スノーシュー 体験!

FMGUNMAの揚妻由璃子です!

2月2日に、群馬県のお隣、
栃木県の奥日光で、スノーアクティビティ
「クロスカントリー」と「スノーシュー」を
体験してきました!^^

雪は少なめでしたが、
さらさらのパウダースノーで、
とても気持ちがよかったです!

↓クロスカントリーコース

↓1キロコースゴール地点

静かな森の中を、
クロスカントリースキーで
ゆったりと滑りながら進みました^^!

↓収録風景

 

 

 

 

そしてスノーシューコースも楽しみましたよ!

 

途中の川には、可愛らしいカモの姿も☆

 

 

戦場ヶ原の展望台から
景色を眺めながら収録しました!

 

 

最後は、熱々のココアを飲んで温まって・・・

雪景色の中のココア、
いつもよりも美味しく感じました・・!
寒い冬だからこその楽しみですね。

スノーシューツアーは、
県内でも色々な場所で行われていますので、
ぜひぜひ、体験してみてください^^!

正月飾り作り!!

こんにちは!エフエム群馬の揚妻由璃子です。

24日には、正月飾り作りのイベントに
参加してきた様子をお送りしました。

桐生自然観察の森で、友の会主催の
正月飾り作りのイベントがおこなわれました!

当日は、小さいお子さんから
お年寄りまでおよそ50人の方が参加されました。

講師の先生に教わりながら、
わらをよって、
縄を作っていくところから行いました。

私の作品は、こちら!

シンプルなデザインにしてみました^^!

そして、お昼は、
芋煮を参加者の皆さんと一緒に楽しみました!

ひんやりと寒い中でしたが、
あつあつの芋煮を頂いたら、
体の中から温まりました!

正月飾りを自分でつくると、
改めて1年を振り返って、
新年に向かう気持ちが整えられるな~と感じましたね。

くるみを使った ネイチャークラフト

こんにちは!揚妻由璃子です。

今回は、くるみを使った
ネイチャークラフトについてお送りしました!

今回は、オニグルミと、ヒメグルミの2種類のクルミと、
縁起が良いとされる黒い木の実・ムクロジ、
そして、たくさんのパワーストーンも用意されていました!

この中から、自分のすきなものを選んで
ストラップを作りました!

皆さんの作品↓

ちなみに私、
揚妻の作品はこちら↓

シンプルに作ってみました!^^

そして、このコーナーのディレクター
大崎修アナウンサーも一生懸命作りました^^☆!!

ぜひ、皆さんも自然の木の実を使った
ものづくり、挑戦してみてください☆

巨樹めぐり その2

こんにちは!揚妻由璃子です。

先週に引き続き、
巨樹のお話を、群馬県緑のインタープリター会会長、
木暮幸弘さんにしていただきました!

↓野の大楠

新里町のカリビアンビーチの近くにあります。
幹周りは、8メートル!!
推定樹齢は600年を超えるそうです。
写真でも人間が小さく見えますよね・・!

また、大楠の近くには、
幼虫のときに楠の葉っぱを食べて育つ、
蝶のさなぎも!

↓相生の松

黒松(男松)と、赤松(女松)が根元で一体化して、
そのまま育っているんです。
夫婦円満の象徴として大切にされてきた、相生の松。

↓白滝神社のケヤキ

幹周りは、7メートル以上!

↓崇禅寺のイトヒバ

枝が細長く、糸のようにのびて垂れ下がるので、
イトヒバと呼ばれているそうです。
樹齢は600年前後!

近くに行くとパワーをもらえそうな木ばかり!
この年末年始、県内の巨樹をみて周るのも
良いかも知れませんね^^!!

県内の巨樹について その1

こんにちは!エフエム群馬の揚妻由璃子です!

今回は、県内の大きな木=巨樹について、
群馬県緑のインタープリター会 会長
木暮幸弘さんにお話頂きました!

1つ目は、伊勢崎市連取町の松です。

 

傘のように横に広く枝が広がっていて、
迫力満点ですよね。

枝張り東西35m、南北26m、高さ5m!
県指定天然記念物にも指定されています。

連取町菅原神社の拝殿正面にあるクロマツで、
地元では「笠松」と呼ばれています。

 

地域の皆さんで手入れなどをして、
守っているんだそうです。

初詣などで行ってみては?^^