5/23放送分 Fly High Green Wings

5/23放送のFly High Green Wings!は、新チームのキャプテンに就任した三好紗弥香選手のインタビューをお送りしました。

明るいキャラクターで、先輩からも、後輩からも頼られ、愛される三好選手。チームの伝統を引き継ぎながら、新たなステージに向かうべく、たくましいグリーンウイングスを作るために先頭に立って奮闘する覚悟です。

もちろん、コートの中では、仲間とのレギュラー争いも控えていますが、これまで以上のプレーを見せてくれるのではないかと期待しています。

応援する我々も、キャプテンを全力で応援しちゃいます!!

三好キャプテンのもと、いよいよ動き出したグリーンウイングス。まずは、7月のサマーリーグに向けて進みましょう!

新旧キャプテンの仲良しツーショット。ちなみに、須﨑選手は副キャプテンとして、三好キャプテンを支えます!^^

選手投稿情報「Gresta☆」#15

グリーンウイングスの選手たちがコートでは見せない特別な姿をメッセージと写真であなたにお届けしちゃう選手投稿情報「Gresta☆(グリスタ)」!今回は、オフシーズンを利用した地域の子どもたちのふれあいを紹介しちゃいます!


第15回!今回はチナとカエデが担当します!

3月12日(日)は小学6年生対象の小学生選抜支部大会がGBスポーツセンターで行われ、グリーンウイングスの選手も2チームに分かれて参戦しました!

毎年のことながら、普段とは違うポジションに入るものの、大人気ないプレーがちらほら(笑)

タイムアウトではナオ監督に作戦の指示を仰ぎます。キリッ

後半戦でも疲れを知らない元気いっぱいの小学生とは反対に、群銀の選手はもうヘトヘト…。

ホームゲームに応援に来てくれていた子も多く、たくさんの小学生と仲良くなれました!

第10回となるこの大会は小学生最後の試合ということもあり、お父さんやお母さんたちの愛に満ちた迫力ある応援にも圧倒されました。

この一日を通し、小学生の一生懸命にバレーに打ち込んでいる姿や純粋さに自分たちも刺激を受けました。ありがとうございました。私たちもまた来シーズンに向け、初心を忘れずに更なるレベルアップを目指していきたいと思います!

以上、チナとカエデでした


地域のみんなと楽しい時間を過ごした選手たち。みんなのお手本になるような力強いバレーでますますファンになってもらいましょう!みんなも、ぜひ、グリーンウイングスのホームゲームに遊びにきてね!^^

選手投稿情報「Gresta☆」#14

グリーンウイングスの選手たちがコートでは見せない特別な姿をメッセージと写真であなたにお届けしちゃう選手投稿情報「Gresta☆(グリスタ)」!今回は、選手たちの愛すべき存在を一挙公開しちゃいます!?


第14回!担当は#11アカネと#13サヤカです!

長いリーグが3位という結果で無事に終了しました。ホームゲームはもちろん、各会場へも応援に駆けつけてくださった方々、たくさんの応援を本当にありがとうございました。次のシーズンに向かってまた気持ちを新たに、チーム全員で頑張ります!

シーズンも落ち着いたということで、少しまとまったお休みをいただきました。

それぞれ実家に帰ってリフレッシュ!リーグの疲れを癒してくれたのはお家のペットたちでした…(*´ω`*)

ということで!今回はみんなの家のペットを紹介しようと思います!
なんと偶然にもみんなが飼っているのはワンちゃんが多め(笑)

モモさん  アラレちゃん

マミ      クリス・ラム・メル

アンナ    あたるくん

チナ    さくら

ヒビキ    右COCO・左マロ ・オレオ

みんな可愛いですね♪そしてもちろん私たちも!

アカネ    こむぎ

サヤカ    スヌーピー

なかなか帰省して会えない分、存分に戯れてきたようです(笑)

その他にも、家族や友人、恩師などの存在に改めて感謝する良い時間を過ごすことができました。

まだまだ群馬銀行グリーンウイングスは進化し続けます!今後とも皆さんのご声援をよろしくお願いします!


どの子も可愛さいっぱいですね!元気をもらった選手たちには、いい報告ができるようにますます輝いてもらいましょう!^^

4/25放送分 Fly High Green Wings

4/25放送のFly High Green Wings!は、2シーズンキャプテンとしてチームを率いた須﨑 杏選手のインタビューをお送りしました。

9人制の伝統を背負い、6人制の新たなチャレンジに勇気を持って先頭に立ってチームを率いた須﨑選手。彼女の責任感と強さがなければ、このチャレンジはなしえなかったのではないでしょうか?

引き続き、副キャプテンとして後輩たちを支えるとともに、選手としてまだまだ輝いてもらわなければ困る須﨑選手。これからチームの勝利、そして、今シーズンの目標になるCL1昇格に向けて、最高のプレーを見せてください!^^

3/28放送分 Fly High Green Wings

3/28放送のFly High Green Wings!は、埼玉深谷で行われたVリーグ・オールスターの様子をお伝えしました。

グリーンウイングスからは、寺坂茜選手と柿沼杏奈選手が出場しました。大舞台を経験して、今後の成長、そして、チームの飛躍へつなげてくれる事を期待しましょう!

3/7放送分 Fly High Green Wings

3/7放送のFly High Green Wings!は、FM GUNMAのスタジオにキャプテンの須﨑 杏選手と副キャプテンの谷内真美選手のおふたりを迎えて、今シーズンを振り返りました!

高卒、大卒ルーキーをはじめ、若手選手が多数を占めるチームに生まれ変わった今シーズン。新チーム立ち上げからなかなかコート上で自分たちのバレーを表現する事が難しい日々が続きましたが、それでもふたりのリーダーシップでチームをまとめ、仲間を牽引し、終わってみれば昨シーズンを上回るリーグ3位という結果を掴む事に成功しました。

来シーズンは、様々な条件をクリアした上での話しになりますが、リーグ優勝、入れ替え戦での勝利というものが現実的な目標であり、ノルマになるシーズンになります。そのためには、ポテンシャルのある若手の飛躍はもちろんですが、須﨑、谷内両選手のリーダーシップは不可欠です!まずは長いリーグを戦った疲れを癒して、新シーズンに向けて備えてもらいましょう!

今シーズンも素晴らしい試合の数々をありがとうございました!そして、みなさまもグリーンウイングスへの熱い応援をありがとうございました!!^^

明日、3/7の放送は正副キャプテンがスタジオに!!

明日、3/7放送のFly High Green Wings!は、FM GUNMAのスタジオにキャプテンの須﨑 杏選手と副キャプテンの谷内真美選手のおふたりを迎えて、今シーズンを振り返りますよ!

今シーズンも強いリーダーシップで若い選手を引っ張り、チームをまとめた我らがキャプテン・須﨑 杏選手!!

そして、副キャプテンとして、リベロとして、チームをしっかりと支えた谷内真美選手!

今シーズンを振り返ってもらうのはもちろん、パーソナルな部分にも切り込ませていただきます!?^^

どんな話が聞けるのか?ぜひ、ふたりにメッセージを送っていただくとともに、オープンスタジオクラブエアにも遊びに来てくださいね!お楽しみに!!

メッセージはこちらから!→http://www.fmgunma.com/req/req_all.html

2/21放送分 Fly High Green Wings

2/7放送のFly High Green Wings!は、内定選手のふたり、磯野明日香選手と田中瑠奈選手を紹介しました。

早くもコートの中で輝きを放つ両選手!正式入部となる春からの活躍はもちろん、VCL1昇格に向けた今後に向けても期待が高まりますね!

内定選手のふたり、田中選手(左)と磯野選手(右)

2/4、5 VCL2 群馬・前橋大会 観戦記

「ハートを射抜かれた。」と指揮官の気持ちを掴んだように、多くの観衆を魅了した高校生内定選手の田中瑠奈の活躍は素晴らしかった。だが、田中に限らず、各選手が役割を果たし、持てる強さを出し切ったことがホーム戦2連勝へと繋がったと思う。苦しみ、悔しさを味わったシーズン序盤があったからこそ今がある。ラスト4試合はもちろん、その先へ。グリーンウイングスが目指す場所へ、一喜一憂することなく、更なる強さを求めて進んでいこう。

新チーム始動からなかなか歯車がかみ合わなかったグリーンウイングスは、皇后杯を含む、年末年始の中断期間を利用し、攻撃重視から守備に力点を置く戦い方へと修正を加えた。「ボールが繋がり、リズムが作れるようになってきた。」とキャプテンの須﨑杏が話すように、ゲームに安定感が生まれ、結果、チームが求めた攻撃にもいい効果をもたらした。チームの修正に成功したグリーンウイングスは、中断明け3勝1敗と調子を上げてきた。

そして、迎えた今季ラストのホームゲームは、2位ブレス浜松、そして、ここまで負けなしで首位を走るトヨタ自動車ヴァルキューレとの2連戦。リーグ戦の順位だけでなく、グリーンウイングスが掴んだ自信を確かなものにできるかどうかと言う意味でも重要な2連戦だった。

だが、そんな大一番にもチームが掴んだ自信は揺らぐ事がなかった。須﨑が、「持てる力を出し切らないといけない。ひとりひとりが強い気持ちを出した結果。」と振り返ったように、浜松には3-1、そして、トヨタ自動車には3-0と、内容、結果で相手を圧倒し、ホームゲームに集まったファンに応えてくれた。

特にトヨタ自動車戦では、高校生内定選手の田中が初スタメンながらアタック決定率50%と驚異的な数字をたたき出し、チームの勝利に大きく貢献した。試合後、田中は「緊張したがやりきらないといけないと思った。練習した事もでき、思いっきりプレーできた。」とはにかみながらゲームを振り返った。

高校バレーの名門・川崎橘に在籍し、春高バレーでもチームのエースとして活躍した。とはいえ、チームに合流してまだわずか、未知数の田中の起用に指揮官は不安がなかったのだろうか?

石原昭久監督は、「首位チームには既存の力だけでなく、新たな必要だと思った。」と起用理由を語り、田中については「すごい、苦しい中でも決める勝負強さがある。」と絶賛した。今シーズンはもちろん、将来のエース候補としても楽しみな存在が現れた。

田中の活躍は2連勝の大きな原動力になったが、もちろん、彼女の活躍だけでは、2連勝は成し得なかったろう。

チームの成長を実感していると言うセッターの栗田楓は、「アタッカー陣は頼もしい、サイドに信頼を置いているし、スパイカーからも要求されるようになってきた。」と話している。選手の入れ代わりが多かった今シーズンは、連携面でちぐはぐさが見られたが、時間が経つごとに改善が見られ、失いかけていた自信を取り戻した各選手たちは、より上を目指して互いに切磋琢磨できているようだ。

リーグの山場だった上位2チームとのホーム2連戦を完勝したグリーンウイングスは、2位のブレス浜松と通算ポイントで並んだ。リーグラスト4試合は、比較的相性のいいチームとの対戦だ。こうなれば4連勝で、昨シーズンの4位を上回る最終順位を期待するが、「まだまだ甘さやくだらないミスもある」(栗田)、「気を緩めたらすぐに崩れるチーム」(須﨑)と各選手が話すように、それほど簡単な事ではない。

石原監督は、「我々は、目先の勝利ではなく、先を見据えたチームを作っている。」と常々話している。そのチーム作りの過程では、苦しさや、悔しさを味わう事もあるだろう。実際、今シーズン序盤は、サマーリーグで1セットもとることができず、国体予選、皇后杯では大学生に敗れ、嘲笑も浴びた。選手たちは、チーム作りの難しさ、勝つ事の大変さ実感してきた。だが、それを乗り越えた先には、チームが求める「強さ」を得られる事もこの2連戦でわかったはずだ。

グリーンウイングスはまだまだ強くなる。だから、ラスト4試合もグリーンウイングスらしい強さを出して戦っていこう。目先の結果に惑わされる事なく、求める強さと、目指す場所に向かって、そして、グリーンウイングスを応援してくれるすべての人の笑顔のために。

2016/17 VCL2 群馬・前橋大会(ヤマト市民体育館前橋)

2/4(土) ブレス浜松戦 ○3-1(25-21、25-22、23-25、25-19)

2/5(日) トヨタ自動車ヴァルキューレ戦 ○3-0(25-20、25-15、30-28)