18/19シーズン新加入選手 斉藤千佳選手インタビュー   

群馬銀行グリーンウイングスは、6月1日付でV・チャレンジリーグⅠのフォレストリーヴズ熊本でプレーしていた斉藤千佳の加入を発表した。斉藤は、最高到達点が295cmと高さを生かしたバックアタックやブロックを武器に、グリーンウイングスが優勝したV・チャレンジリーグⅡのひとつ上のカテゴリーであるV・チャレンジリーグⅠで活躍してきた選手だ。頼もしい仲間を加え、グリーンウイングスはV2リーグという新たな戦いに挑むことになる。そして、斉藤にとってもアスリートとして、ひとりの人間として新たな高みを目指すチャレンジが始まるのだ。

「バレーボールをするつもりはなかったんです。」

意外な言葉が返ってきた。彼女が所属していたフォレストリーヴズ熊本は、17/18シーズンをもって残念ながら廃部となった。そんな彼女のリスタートに、当初、「バレーボールを続ける」という選択肢はなかったというのだ。

V・チャレンジリーグⅠで、総得点242点はリーグ10位、1セット当たりのアタック決定本数3.26点もリーグ11位。ブロックでも高い指標を残した高い能力を誇る彼女を欲しいと思うチームはいくらでもあったろうし、彼女にもトップカテゴリーでバレーボールを続けるチャンスはあったと思う。

だが、バレーボールを止めようという思いになったのは、チームが廃部になった事とはまた違う所にあった。

斉藤は、「Vリーグで3年間プレーして、自分では、やり切った思いがあったし、これから先の人生についても考えるようになったんです。」と当時の思いを教えてくれた。

ただ、小学生の頃からバレーボールに一心不乱に向き合ってきた斉藤にとっては、次に何をしたいのかがすぐに答えは出なかった。「バレーボール以外で何かを見つけないと・・・。」そんな思いが大きくなるばかりで、時間だけが過ぎていった。

そんなタイミングで、群馬銀行グリーンウイングスの石原昭久監督から声がかかった。

斉藤と石原監督は無縁ではない。斉藤の高校時代の恩師が、石原監督と同じ大学の後輩であった事から石原監督やグリーンウイングスの話は聞いていた。また、2016年の熊本地震の際には、石原監督の呼びかけもあり、Vリーグ各チームから熊本へ寄せ書きが贈られた事があり、恩返しをしたい気持ちもあった。少しずつ気持ちが傾き始め、春になって群馬を訪れ、チーム練習に参加した。

シーズンが終わった2月下旬から2か月近く、本格的なトレーニングから遠ざかっていて不安もあったが、グリーンウイングスへの練習参加を通じ、新たな環境でチャレンジしてみたい思いや、人として社会性、人間性を高められる場所だと感じた。グリーンウイングスと言う場所が、彼女にとって、さらに自分を大きくしてくれる場所だと確信した。そして、斉藤千佳は、Vリーガーとして再びコートに立つ事を決意した。

斉藤は、これまで熊本を離れたことはなかった。だが、彼女は「あんまり熊本を出たっていう感じがしていないんです。」と笑顔で話す。チームメイトは面白く、毎日笑って過ごせている。初めての銀行での仕事も、まだまだわからない事ばかりだが、職場の皆も優しく、気にかけてもらいながら、社会人として新たな経験をしている。グリーンウイングスでの生活は始まったばかりだが、彼女は、自分が求めた道をしっかりと歩み始めたようだ。

気が付けばサマーリーグがすぐそこまでやってきている。夏が始まれば、国体予選も始まり、皇后杯に、Vリーグと一気にシーズンが進んでいく。

V・チャレンジリーグⅡのチャンピオンチームである群馬銀行グリーンウイングスは、新たに始まるV2リーグで力強く、堂々たる戦いが求められる。そのためには斉藤千佳の活躍が不可欠なのは言うまでもない。

熊本では攻撃の核となるオポジットだったが、グリーンウイングスでは、ミドルブロッカーでの起用が濃厚だ。斉藤は、「熊本ではそれほどやってこなかったポジションなので不安もあるが、高さや速さを活かしたい。たとえ1本目が崩れても、ミドルで行けるようなプレーをしたい。前衛でのプレーはもちろん、後衛でのレシーブやバックアタックでも存在感を示したい。」と意気込みを語ってくれた。ポジションこそ違えど、グリーンウイングスでも、彼女の特徴を存分に見せてくれそうだ。

気持ちもさることながら、身体的な部分でも、新たな環境下で、充実のトレーニングを重ね、新しい自分を作り上げている最中だ。本人も「これまでとは違う自分をイチから作り上げている。体も変わってきているのが実感できている。」と話している。また、初めての場所で、新たな人との出会い、これまでになかった考え方、取り組みにも触れ、コート内外で、新しい事にどんどんチャレンジしたいと意欲に満ち溢れている状況だ。

斉藤は、グリーンウイングスでのチャレンジについて、「これからの人生のカギとなるような時間にしたい。」と語っている。バレーボール選手としてだけでなく、斉藤千佳という、ひとりの人間としても非常に重要な時間がグリーンウイングスではじまったのだ。ならば、そんな彼女のチャレンジを我々は力強く応援したい。そして、斉藤には、グリーンウイングスを応援するファンが、後々、彼女を語った時に「グリーンウイングスの輝かしい未来の扉を開くカギとなった選手であった。」と思わせてくれるような活躍を見せてもらいたい。

18/19シーズン 副キャプテンインタビュー 栗田楓選手

副キャプテンに指名された栗田楓は、「副キャプテンになった事もそうですが、自分が三年目で、チームで長い選手になったことにびっくりしてます。」とチームにおける立場の変化に驚いた。

高卒で加入し、当初から期待も大きく、2年目の昨シーズンは、リーグ終盤は内定選手の古市彩音もいたが、シーズンを見れば、替えのいないセッターでチームをリーグ初優勝に導いた。活躍でみても、立場で考えても、栗田の副キャプテン就任はおかしなことではない。

副キャプテンとしての自らの役割については、「同期よりも下の年齢も多いので、今までより目配りをしたい。そして、副キャプテンになった事で、これまで投げかけていたことが、さらに深く入っていけると思っている。私たちの世代が変わらないといけない。」と話した。

 

高卒の同期は、寺坂茜、鈴木日葵、小林愛里で、栗田を含め、いずれも今のチームの中核を担う選手たちだ。新シーズンにおいても中心的な活躍が期待され、彼女たちの成長なくして、V2での好成績は望めるはずもない。

キャプテンの三好紗弥香、副キャプテンの土屋智菜美の3人で話し、変わるためには、「プロとして、大人にならなければいけない。それは、精神的にも、私生活においても。」という事で一致した。

栗田は、「これまでは石原監督頼みで、監督がどうにかしてくれるのチームだった。だが、最後は自分たちなので、その時の問題に気付き、解決していける人になりたい。」と話す。自らも「大人」になることで、同期や後輩に刺激を与えられる存在になれるか。「自分たち、選手主体で、日々高め合いたい。」と願う彼女の役割は重要だ。

一方で、正セッターとして、チームの顔としての役割にも期待は大きくなるばかりだが、栗田は冷静だ。

「悪い時は、周りから言われた通りや求められる姿になろうとして精神的に苦しんでしまった。今シーズンは自分がどうなりたいか忘れないようにしたい。」と、周囲に応える事よりも、自ら描くものを大切にすることが必要だと考えている。

今必要な事は何か?自分ができる事、やるべきことは何か?ゲームの中で、シーズンの中で、目指す「大人」なプレーや判断ができれば、チームもより一層強くなり、勝利も増えてくるはずだ。それこそが、周囲に応えることにつながるだろう。

「新シーズンは、いろいろ変わってどうなるか想像できない、、、」と話す栗田だが、「大人な」栗田楓へ成長することで、新シーズンが、より明確なものに、素晴らしいもになるのではないだろうか。

チームの成長とともに、カギを握る栗田楓の成長が見逃せないシーズンがはじまる。

5/22放送分 Fly High Green Wings

5/22放送のFly High Green Wings!は、チームを支えるふたり、マネージャの臼井千景さん、アシスタントの丸山佳穂さんにお話を伺いました。

選手がベストパフォーマンスを発揮できるよう支えるふたりの存在はとても大きなもの。これからもチーム一丸となったバレーボールでより強いグリーンウイングスのバレーボールを見せてもらいましょう!^^

18/19シーズン 副キャプテンインタビュー 土屋智菜美選手

「初のリーグ優勝の喜びと同じくらい、いや、それ以上に個人的には悔しさが大きかった。」

それが18/19シーズンの副キャプテンに就任した土屋智菜美の偽らざる昨シーズンの思いだ。

17/18シーズンの群馬銀行グリーンウイングスは、開幕から破竹の勢いで連勝を続け、リーグの主役となった。各選手がそれぞれの立場で躍動していたが、開幕直前に右手を骨折した土屋は、仲間の活躍を眺めているほかなかった。

だが、土屋の悔しさの原因は「ケガ」ではなく、「妥協」したことだと言う。

土屋は、「みんなはケガのせいで試合に出られなかったと言ってくれるが、それだけではない。私が妥協していたことも理由だと思う。」と話し、妥協してしまった理由について、「他の選手と比べて、高校や大学での実績がないといった理由で、自信を無くしてしまった。」と振り返った。

失った自信は、彼女にピリオドを打たせかねないところまで追いつめたが、それを救ったのが、日頃から彼女を応援する職場も皆さんだった。

シーズン終了の労をねぎらう会を開いてくれた職場の皆さんは、その席で、土屋の大学時代の活躍をまとめた動画を上映してくれた。そして、土屋に対して、大きな期待とエールを送ってくれた。そんな温かい思いを届けてくれる皆さんの思いを無にするわけにはいかなかったし、声援に応えたいと思った。ならば、今ここで終わる訳にはいかない。その思いに応えられる場所はコート上しかないのだから。

副キャプテンは、キャプテンの三好紗弥香からの依頼だった。同期であり、日頃支えてくれる土屋は、三好にとってもかけがえのない存在だ。頼ってくれたからにはやるしかない。

チームの舵は、石原監督と三好が取ってくれる。「そうすれば私は、副キャプテンとして、後輩たちを導く役割を果たそう。」「自分として、しっかりとやり切ったと言える1年にしよう。」土屋の腹は固まった。

目標は「V2優勝とV1への昇格」そして、「国体出場」だ。リーグ戦だけでなく、シーズンを通して結果にこだわる思いが伝わる。また、自身については「昨シーズン出られなかったので、今シーズンはスタメンを取りたい。」と明確だ。

技術的は、うまさや特徴を持った選手は他にもいるだろう。だが、土屋智菜美の一本は、仲間を勇気づけ、チームの勢いをさらに加速させる特別な一本だ。

土屋には、長い歴史を誇る群銀バレー部が培ってきた、懸命さ、ひた向きさ、泥臭さ、そんなバレーを受け継いでもらいたい。悔しさ、苦しさを味わった土屋ならそれができるし、昨シーズン以上に難しいシーズンの中で、強い思いをもって臨む土屋智菜美の存在、プレーが、きっとチームを救ってくれることだろう。

18/19シーズン キャプテンインタビュー 三好 紗弥香 選手

6人制移行3シーズン目で初のリーグ優勝を果たした群馬銀行グリーンウイングスは、昨シーズンに引き続き、三好紗弥香をキャプテンに新シーズンをスタートした。

チームは、二十歳前後の選手が中心となり、在籍年数も3年以内という選手がほとんどになった。9人制から6人制への移行期間を経て、新たな時代のスタートとなる。

才能と将来性に満ち溢れる選手たちは、石原昭久監督の指導のもと、その力をコート上で如何なく発揮し、勝利を積み重ね、リーグ優勝を勝ち得る強さを見せたが、シーズンの中では、若さや経験値の少なさゆえの弱さも露呈することも少なくなかった。

そんなチームを束ねてきたのが三好だ。持ち前の明るさもさることながら、大学時代にもキャプテンを経験していて、プレーもさることながら、精神的な部分でチームに安定をもたらし、若いチームを優勝へと押し上げたのだ。そして、石原監督は、新シーズンも、三好をキャプテンに指名した。

キャプテン就任について三好は、「昨シーズン優勝できたことはひとつ区切りをつけて、もう一度、初心を忘れずに頑張ろうと思う。」としっかりと気持ちの整理をつけて、新たなシーズンに挑む覚悟だ。

リーグは、3部制から2部制へと変わり、グリーンウイングスもV2リーグという新たな枠組みの中で新シーズンがスタートする。昨シーズンまでのライバルはもちろん、格上のチャレンジリーグⅠだったチームともしのぎを削ることになる。

そんな新シーズンに向かうチームの様子について三好は、「チャレンジリーグⅡの優勝チームとして『下手な試合はできないぞ!』という、ちょっとしたプレッシャーもあるが、それがチームを引き締める事にもつながっている。」と話した。

一方で、三好は、新シーズンを「楽しみにしている」とも語っている。その理由を尋ねると、「昨シーズンは、チャレンジリーグⅠでも勝てるチーム作りをしてきたつもりだ。だから、そこがどのくらいライバルチームに対抗できるのか楽しみだ。」と教えてくれた。

確かに、昨シーズンは、戦術、技術と大きな成長を見せた。だが、それがそのまま上位チームに通用するほど甘くはない。三好もそれを理解している。そして、その力を伸ばし、ライバルに勝つためにチームで掲げたのが「自立する」というテーマだ。特に、選手として、精神的な自立が重要だと考えている。

三好は、「1年で技術的には上がったが、それをもっと伸ばすには内面的な部分が大事になる。苦しく、厳しい試合が増える。そんな時に強くいられるチームにしたい。」と語った。厳しい局面で何がチームのために必要なのか、そのプレーがしっかりできるのか、気持ちが崩れないのかといった事が、誰に言われなくてもできるのか?いつ如何なる時でもできるのか?培った強さを如何なく発揮するためには、各選手が自立しなければならない。

チームを束ね、支えた昨シーズン。今度は、そこから更に、選手たちの自立を促し、精神的な強さを兼ね備えたチームへできるか?これが18/19シーズンの群馬銀行グリーンウイングスのキャプテン・三好紗弥香に課せられたミッションなのだ。

目標は、「全員が自立した選手になる事。そして、V2リーグで優勝めざして頑張る事。」

シンプルであるが、今のチームに必要なこの二つの目標を成し遂げるために奮闘する三好紗弥香を、我々も、大きな声援で、支え、昨シーズン以上の歓喜の瞬間を味あわせてもらおうではないか。

選手投稿情報「Gresta☆」#21

グリーンウイングスの選手たちがコートでは見せない特別な姿をメッセージと写真であなたにお届けしちゃう選手投稿情報「Gresta☆(グリスタ)」!今回は、「大人な女性」になった4人のお話!?


今回は、同期コンビの#11サヤカ(三好紗弥香)と#12チナ(土屋智菜実)がお送りします!

まず、2017/18シーズン、沢山のご声援ありがとうございました!

試合を重ねるごとに、試合会場で応援の声が大きくなっていることを肌で感じたり、会社や地域の人から声を掛けられることが増えたり…その一声があったからこそ、苦しいときでも歯を食いしばって戦い抜き、ふと終わってみたら“優勝”という最高の結果でシーズンを終えることができました。日頃から私たちを支えてくださる皆さん、会場に足を運んで声援を送ってくださった皆さん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

さて、そんなリーグ戦中、実は、めでたく成人を迎えた仲間がいます!今回は!今後の抱負とともに振袖姿を披露させていただきます(*^^*)

#3 鈴木日葵

成人したので、バレーもバレー以外ももっともっと頑張りたいと思います!!

#4 小林愛里

成人を迎えることが出来たので、心も大人に近づけるよう頑張ります!そして女子力も…笑

#6 栗田楓

気付いたら成人を迎えていた…という感じです。想像していた20歳の自分とは程遠いですが、初心を忘れずに頑張っていきたいです!

#7 寺坂茜

やっと二十歳になれた!という感じですが、はめを外しすぎず、新たなスタートとして気を引き締めていきたいと思います!

以上4名、おかげさまで成人を迎えることができました…。じーん

普段のかっこいいユニフォーム姿とは違い、綺麗な振袖姿ですよね!新シーズンでは、日々成長している4人のプレーにもぜひご期待ください!

最後に、新人2人のアヤネとワカナを迎え、新体制としてまたシーズンが始まりました。私たちも気持ち新たに、新リーグに向け日々頑張っていきます!今後とも応援よろしくお願いいたします!

以上、サヤカとチナでした。


先日のファン感でも、ユニホーム&ジャージー姿ではない、行員制服姿&私服姿を披露した選手たち。それを上回る!?振り袖姿を惜しげもなく公開してくれました!!(・∀・)笑

新シーズンも、コート内外で応援してくれるみんなを魅了してもらいましょう!

4/24放送分 Fly High Green Wings

4/24放送のFly High Green Wings!は、新たなメンバーとして加わった新加入選手のふたり、古市彩音選手、安福若菜選手のふたりを迎えて、ここまでの様子をうかがいました!

昨シーズンも内定選手としてきらりと光るものを見せてくれたふたり。ますますの成長で、自身を、チームをより輝くものにしてもらいましょう!

3/27放送分 Fly High Green Wings

3/27放送のFly High Green Wings!は、石原昭久監督とキャプテンの三好紗弥香選手を迎え、リーグ初優勝となった今シーズンを振り返りました。

6人制移行、3年目でリーグタイトルを勝ち得たグリーンウイングス。ひとつの成果を得たものの、すぐにやってくる新シーズン。新たなVリーグは3部制から2部制へ。より厳しさが増す新シーズンでグリーンウイングスがどんなバレーボールを見せてくれるのか期待しましょう!

2/27放送分 Fly High Green Wings

2/27放送のFly High Green Wings!は、須﨑杏選手と谷内真美選手をスタジオに迎え、リーグ優勝の感想を聞くとともに、群馬銀行バレーボール部での思い出などをうかがいました。

9人制時代からチームを支え、6人制の移行期に特に中心的役割を果たしてきたふたり。ふたりにとってはいろいろな意味を持った優勝になったんじゃないでしょうか。このチームがさらに歴史を深めるとともに、その重要性が増すと思います。素晴らしいバレーを、そして、最高の結果をありがとうございました。

*制作側の手違いにより、今回の放送はアップできません。大変申し訳ありませんが、ご理解いただけたらと思います。