震災から7年。

東日本大震災から7年。
今日の「金曜ダイジョーブ!」は、
被災地に思いを寄せる3時間、ということで
「気仙沼」にスポットをあててお送りしました。

では今日の放送内容を振り返っていきます!

〇「渋川・榛東・吉岡の宣伝部長『渋伊榛吉(しぶいしんきち)』が行く」

渋川・榛東・吉岡の魅力を伝えるこのコーナー!

今回は榛東村の「卯三郎こけし」に田中香アナウンサーが行ってくれました!

群馬では、近代こけしの製造がとっても盛んなんです。

職人のみなさんが絵付けをしていらっしゃいます。

このような展示もありますよ。

さまざまなキャラクターこけしも
可愛らしいですよね。

こんなパネルで記念撮影もできますよ♪
田中アナウンサー楽しそう!笑

【卯三郎こけし】
開館時間:午前8:30から午後4時50分まで。ただし、工房は、正午から午後1時まで昼休みとなります。
入館料:無料
定休日:年中無休ですが、工房は、水曜日が休業です。
アクセス:関越道・駒寄スマートICからおよそ15分
お問い合わせ:0279-54-6766
http://www.usaburo.com/

〇沼田南中学校 「つながろう気仙沼プロジェクト」

沼田南中学校で行われている「つながろう気仙沼プロジェクト」について
生徒会のみなさんにお話を伺いました。

崎谷先生、ありがとうございました!

生徒さんたちが気仙沼の物産を仕入れて販売したり、
また実際に気仙沼にいって、牡蠣の養殖の様子を見たり、と
様々な取り組みをしてきました。

直接気仙沼の人たちからお話を聞くことによって、
防災に対してなど、意識が変わっていったというみなさん。

そしてこの中学生たちを受け入れたのが、
「ヤマヨ水産」の小松武さんです。

金曜ダイジョーブ!も、気仙沼に伺って、取材をさせてもらいました。

気仙沼駅です。

津波で消失した大船渡線と気仙沼線がBRTというバス専用線で仮復旧しています。

同じホームにバスと電車が並ぶという珍しい光景です。

気仙沼港にある観光物産施設の中には、
津波の高さを知らせる表示がありました。

気仙沼港にはたくさんの漁船が。

漁業の街であることを実感します。

そして気仙沼の離島、大島に渡ります。

気仙沼大島で100年続く牡蠣養殖の4代目、小松武さん。

小松さんの船で、牡蠣を養殖しているイカダに向かいますよ。

イカダには海中10メートルの深さまで
牡蠣がつるされています。

貝を開けると・・・そこにはぷりっぷりの牡蠣が!

海から揚げられた牡蠣はここできれいになってから出荷されます。

ここは、夏には海水浴でにぎわう、
気仙沼大島にある小田の浜海水浴場。

津波の被害を受けて砂が持っていかれたそうですが
ここ数年でまた海から砂が戻ってきたそうです。
いいこともそうでないことも自然の力は偉大だと
地元の方はおっしゃっていました。

牡蠣を購入して復興支援できるヤマヨ水産・オーナー制度、
第6期の募集が明日からはじまります。
詳しくは、ヤマヨ水産のホームページをご覧ください!
https://yamayosuisan.wordpress.com/
https://yamayosuisan.files.wordpress.com/2018/02/2018yamayo_a4.pdf

〇「希望ののむヨーグルト」

そして私は、県内で、気仙沼を支援している方のところから
中継をお届けしました!

安中市の牛乳屋さん「大地」さんです。

こちらでは、大谷さんとも交流のある、
気仙沼の千葉さんが販売されている「希望ののむヨーグルト」を
扱っているんです。

売り上げは、
気仙沼のバッティングセンターの運営資金にあてられます。

濃厚だけれどごくごく飲めて、
とっても美味しかったです。

飲んでみたいな、という方は、
「大地」さん、電話:027-382-6280までお問い合わせください。

こちらのFacebookページにも
情報が載っていますよ!
https://ja-jp.facebook.com/milk.daichi/

森田さんどうもありがとうございました!

〇「震災から7年。東日本大震災を忘れない」

群馬と被災3県との関わりを中心にお送りしてきましたが、 
今回は、太田市の門間サオリさんをご紹介しました。

サオリさんは、宮城県名取市で、
出身地であるブラジルの料理を教える教室を開くなど、
交流を続けています。

いるだけでぱっと周りを明るくするサオリさん。
これからも、友達としての交流を続けていきたい、とおっしゃっていました。

〇「ふるさとからの手紙」 提供:群馬県観光物産国際協会

今回のふるさとからの手紙は、
金曜ダイジョーブ!でも、全力応援中!
草津温泉の情報でした!

草津温泉では、毎週土曜日に、
「湯畑キャンドル『夢の灯り』」が開催されている、ということで
草津温泉旅館共同組合の山野さんにお話を聞いてきました!

きれいにライトアップされた湯畑の目の前にある光泉寺。

その石段に、キャンドルがずらっと並び、温泉街を照らします。

私も、キャンドルを並べてみましたが、
倒さないようにひとつひとつ作業するのはとっても大変!

おもてなしの気持ちで、みなさんで準備するそうです。

当日は、キャンドルで、
こんな模様ができちゃうんです。

ぐんまちゃんや・・・

ゆもみちゃんも!

あたたかみのある素敵な雰囲気ですよね。

先着で500個、ゆもみちゃんのベイクドクッキーももらえますよ。

またほかにも、草津温泉冬花火や、
ゆけむりJAZZなど、イベント盛りだくさんです!

山野さん、ありがとうございました!

【「湯畑キャンドル『夢の灯り』」】
日時:毎週土曜 18:30~21:00
会場:湯畑広場、光泉寺階段
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

今日ご紹介した情報以外にも、この他の群馬県内の観光情報は、
「ググっとぐんま公式サイト」をチェック!
http://gunma-dc.net/

〇「華麗なる晩ごはん」 提供:伊香保グリーン牧場・景勝軒

小松さんに教わった、
牡蠣のおいしい食べ方。

牡蠣をそのまま蒸し焼きに。
なにも調味料をつけなくても、海水と牡蠣の出汁だけで、
驚くくらいのおいしさです。

スタジオに気仙沼の牡蠣を届けていただき、
ADかぼすくんが調理してくれました。

できましたよ!

大谷さんも食べてみます。

うまい!!絶賛です。

そしてスタジオには、沼田南中の生徒さんたちが駆けつけてくれました!

牡蠣を食べて、みんな笑顔ですね!

小松さんも、中学生のみなさんに、
また是非気仙沼に来てほしいとメッセージをくれました。

どうもありがとうございました!

今日の3時間で、
群馬にも、こんなにいろんなところで東北とのつながりが生まれていることがわかったし、
この機会に、大谷さんの気仙沼でのフェスをはじめ、
東北へ出かけてみてくださいね。

〇お知らせ

シネマテークたかさきで行われる、大谷さんの映画イベント、
大好評につき、第2弾が決定しました!

「大谷ノブ彦のシネマナイト ~ゲット・アウト編~」

前回のシネマナイトに行った方も、
行きたかったけど行けなかった、という方も必見です!
大谷さんと一緒に映画『ゲット・アウト』をワイワイガヤガヤ観て、
上映後には、大谷さんの熱いトークライブで楽しみましょう!

上映作品:『ゲット・アウト』
開催日時:3月16日(金)開場19:45/開演20時
特別料金:通常料金+300円
入場方法:劇場受付または、電話にて事前予約。現在ご予約受け付け中。

ご予約、お問い合わせは、
シネマテークたかさきまで!
電話027-325-1744

※定員64名に達し次第、受付終了となります。
※本公演は終演が22時を過ぎるため、群馬県青少年健全育成条例により、
18歳未満の方は、入場ができません。
また、保護者の方同伴であっても(乳幼児含む)入場ができませんのでご注意ください。

さらに!
今日お話にも出てきた、
千葉さんのバッティングセンターでもフェスが行われます!

2018年3月20日・21日(火・水)
DJダイノジpresents
『気仙沼フェニックスフェス』
●会場:気仙沼フェニックスバッティングセンター
●時間:両日とも、OPEN 11:00/START 18:00
●詳細:https://ameblo.jp/giannight/entry-12358169718.html

今週のダイジョーブステッカープレゼントは、
RN:桃の天然水さん RN:D’Zさん RN:水遊びさん RN:怒りのアフガンリーチさんです!
おめでとうございます!

来週も、ダイジョーブ!