みなかみ町の国道17号でダンプカーが電柱に衝突する事故 運転していた男性が死亡 事故の影響で停電も

みなかみ町の国道17号でダンプカーが電柱に衝突する事故があり、運転していた男性が死亡しました。

22日午前8時40分ごろ、みなかみ町猿ヶ京温泉の国道17号で、埼玉県横瀬町の57歳の男性が運転するダンプカーが道路脇の電柱に衝突し、長島さんは全身を強く打って死亡しました。沼田警察署によりますと、現場は片側1車線の道路で下り坂の左カーブです。長島さんのダンプはセンターラインと反対車線を越え、道路右側のガードレールを倒して電柱に衝突しました。ダンプには土砂が積まれていました。警察で事故の原因を調べています。一方、この事故の影響で周辺では停電が発生し、東京電力パワーグリット群馬総支社によりますとおよそ860軒が最大6時間にわたり停電となりました。

タイトルとURLをコピーしました