ザスパ元監督 植木繁晴氏死去

ザスパ群馬の元監督 植木繁晴さんが11日死去しました。69歳でした。

告別式は15日午後1時から前橋市六供町の日典ラサ前橋で行われます。喪主は長男の雅也さんです。

植木さんは、選手時代にJ1湘南ベルマーレの前身フジタ工業で活躍、引退後はベルマーレ平塚の監督などを歴任し、2002年に草創期のザスパ草津の総監督に就任してJリーグ入りを果たしました。
その後、ゼネラルマネージャーや代表取締役もつとめ、ザスパ勇退後は上武大学サッカー部の監督をつとめました。

ザスパの赤堀洋社長は「ザスパが現在の姿まで発展できたのは、植木さんのご尽力あってのこと。植木さんが築き上げてきた教えはクラブ全体で大切に引き継いでまいります」とコメントを出しました。
14日にアウェイで行われるレノファ山口FC戦で、選手は喪章をつけてプレーします。

タイトルとURLをコピーしました