草津町の2023年度観光入込客数が370万人超 コロナ禍から回復し過去最多に

昨年度、草津町に観光に訪れた人の数が370万人を超え、過去最多となったことが町のまとめで分かりました。

昨年度の観光入込客数は370万千人で前の年度より17万人多く過去最高だった2019年度の327万千人を上回りました。新型コロナウイルスの影響で2020年度は200万人を割りましたが、翌年度以降は右肩上がりで客足を伸ばしました。草津町観光課は過去最多になった要因についておしゃれで華やかな草津温泉をテーマにまちづくりを進め、SNSなどで発信をする若い世代の客層が増えたことを挙げています。草津町では2023年、草津温泉の玄関口として立体交差や温泉門を完成させ、まちづくり事業を進めていました。今後は天狗山レストハウスの改修などを控えていて、草津町は「変貌を続ける草津町に期待していただきたい」としています。

タイトルとURLをコピーしました