渋川市の山中で不明の県職員 遺体で発見

渋川市の県有林に巡視作業で入山し、行方不明になっていた県職員の男性が9日、遺体で発見されました。

男性は8日午前9時にひとりで渋川市伊香保町の県有林に入り、巡視作業を始めましたが、作業の終了予定時刻になっても戻らず、県や県警で行方を捜していました。9日午後4時頃、防災ヘリコプターが榛東村の山中で倒れている男性を発見し、その後死亡が確認されたということです。山本一太知事は「 同志である群馬県職員が、職務である県有林の巡視中に遭難され、お亡くなりになったことは、痛恨の極み」と哀悼の意を示しました。

タイトルとURLをコピーしました