50年後を見据えた「敷島エリアグランドデザイン」 群馬県が前橋市と共同策定

前橋市・敷島公園周辺エリアの50年先を見据えたまちづくりや整備方針をまとめた「敷島エリアグランドデザイン」を群馬県が前橋市と共同で策定しました。コンセプトに街のウェルネス拠点「Shikisima Well-Park」を掲げ、環境デザインや交流拠点機能、感動体験の創出などを通じて「訪れるだけで誰もが元気になる場」を目指すとしています。

また公園づくりの基本理念を「敷島憲章」としてまとめ、スポーツ施設の再配置などを行い賑わいを創出する「スポーツコアゾーン」や河川敷と公園の一体化を目指し自由な活動や交流のできる「センターゾーン」、松林や水辺のある「グリーンリビング」など8つのゾーンに分けて整備の方向性を示しています。詳細は群馬県のホームページに掲載されています。

タイトルとURLをコピーしました