伊勢崎市のリハビリテーションセンター 利用者の通知書類を別の利用者に送付するミス 

伊勢崎市波志江町の群馬県立障害者リハビリテーションセンターで、利用者への通知書類を誤って別の利用者に送付するミスがあったことがわかりました。県が2日発表しました。

それによりますと、今年1月、利用者にサービス利用請求書を送付する際に、誤って別の利用者の物価高騰対策の臨時給付金通知を同封して送付しました。また3月には、これとは別に、サービス利用請求書を誤って別の利用者に送付するミスがありました。県立障害者リハビリテーションセンターの運営は、指定管理者として県社会福祉事業団が行っています。先月のミスが発覚したあと、県に報告があったということです。県障害政策課は、管理・監督を徹底し、再発防止に万全を期すとしています。

タイトルとURLをコピーしました