春のセンバツ 健大高崎12年ぶりのベスト4進出

選抜高校野球大会は28日、準々決勝が行われ、本県の健大高崎は第二試合で去年の優勝校 山梨学院を6対1で下し、ベスト4に進出しました。健大高崎は12年ぶりのベスト4進出です。
試合は中盤まで投手戦となりましたが健大高崎は5回裏、4番箱山の2点タイムリースリーベースなど3本のタイムリーで4点を先制し、7回裏にも3番高山、4番箱山の連続タイムリーで2点を追加しました。先発したエースナンバー佐藤龍月は5回まで投げて相手打線をヒット1本無失点に抑える好投をみせ、2番手で登板した石垣元気が6回以降を1失点に抑えました。健大高崎は30日の準決勝第一試合で石川の星稜と対戦します。

タイトルとURLをコピーしました