去年の人権侵犯事件受理件数127件、4割増加 前橋地方法務局

去年1年間に前橋地方法務局が受理した人権侵犯事件は127件で、前の年に比べおよそ4割増加しました。

受理件数は2020年に激減し、前橋地方法務局は新型コロナの影響で人々の社会活動への参加が減ったことなどが理由とみていましたが、去年は新型コロナの5類移行で従来の活動が戻り、増加につながったとみられます。
種類別の内訳で最も多かったのは、「労働権関係」の35件で、前の年から6割以上増えました。前橋地方法務局は、テレワークなど労働環境が多様化したことなどでトラブルが増えたとみています。次いで、「学校におけるいじめ」の24件で、前の年から8割以上増加しました。

前橋地方法務局は、電話などの相談窓口を設けています。「みんなの人権110番」は電話0570・003・110で、平日の午前8時半から午後5時15分まで相談を受け付けています。

タイトルとURLをコピーしました