群馬県内 21日にかけて落雷や突風、大雪などのおそれ

発達中の低気圧の影響で群馬県内は20日から21日にかけて大気の状態が不安定となる見込みです。

前橋地方気象台によりますと群馬県では20日昼前から夕方にかけて落雷や突風への注意、21日未明から昼前にかけて大雪による交通障害への注意・警戒や、着雪、なだれなどに注意するよう呼びかけています。21日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で利根沼田地域の山地で40センチ、吾妻地域の山地で35センチ、北部の平地で5センチ、南部の山地で1センチとなっています。

タイトルとURLをコピーしました