県議会 80議案を可決して閉会

群馬県議会第1回定例会は18日、本会議を開き、総額7816億円の新年度一般会計当初予算案など知事提出の74議案と委員会提出の6議案のあわせて80議案を可決して閉会しました。

委員会提出議案のうち、県議の政務活動費に関する条例の改正では、議員が支出の証拠書類として提出する領収書について、原則、原本のみとするように改めました。
群馬県議会ではおととし、県議が白紙の領収書を使って不適切な申請を行い、辞職する問題が起きていました。

タイトルとURLをコピーしました