公立夜間中学校の群馬県立みらい共創中学校 4/11に開校式・入学式

群馬県は伊勢崎市に来月開校する県内初の公立夜間中学校=県立みらい共創中学校について、開校式と入学式を4月11日に行い、これまでに37人が入学を希望しておよそ8割が外国籍だと明らかにしました。

県教委義務教育課によりますと各学年の定員35人に対して、7日までに1年生への入学を希望して事前面談をした人が32人、3年生への入学希望者は5人でした。国籍別ではブラジルが10人で最も多くついで日本7人、ペルー6人フィリピン5人などあわせて10カ国です。世代別では10代がおよそ3割で最も多く、このほか20代から60代まで幅広い世代の入学希望者がいます。県では入学願書などの書類提出期限を今月15日まで延期して定員まで引き続き募集を行うほか、年度途中の入学にも対応する方針です。

みらい共創中学校は伊勢崎市の県総合教育センター内に開校し、様々な事情で義務教育を受けられなかった県内に住む15歳を超える人を対象に午後6時から40分授業を1日4コマ行います。

タイトルとURLをコピーしました