きょうからあすにかけて県内全域で雪のおそれ 平野部でも積雪か 前橋地方気象台が交通障害などに注意を呼びかける

低気圧が発達品が本州南岸を進む南岸低気圧の影響で群馬県では5日夜遅くから6日昼すぎにかけて雪が降り、平野部でも雪が積もるおそれがあります。前橋地方気象台は大雪による交通傷害やビニールハウスなどの倒壊などに注意を呼びかけています。

前橋地方気象台によりますとピークはきょう遅くからあす朝ごろになる見込みです。あす午後6時までの24時間降雪量はいずれも多いところで吾妻地域の山地で40センチ、利根・沼田地域の山地で30センチ、南部の山地で25センチ、北部の平地で10センチ、南部の平地で5センチの予想です。前橋地方気象台は予想より気温が低くなった場合や降雪が強まった場合は山地では警報級の大雪となる可能性があるとして注意を呼びかけています。

タイトルとURLをコピーしました