生後10ヶ月の次男に暴行、意識不明の重体 28歳の父親逮捕

生後10ヶ月の子どもに暴行を加えて意識不明の重体にさせたとして、富岡市の父親の男が1日、富岡警察署に逮捕されました。
傷害の疑いで逮捕されたのは富岡市中高瀬の派遣社員の男28歳です。
警察によりますと、男は30日午前、富岡市内の自宅で、生後10ヶ月の次男の頭をソファの肘掛けに打ち付ける暴行を加えた疑いがもたれています。次男は意識不明の重体になっています。次男に目立った外傷はなく、男は容疑を認めているということです。妻が119番し、搬送先の病院から警察に連絡がありました。
警察によりますと、男は妻と子ども2人の4人家族です。事件当時は妻らが外出していて男と次男の2人だけでした。警察は動機や日常的な虐待がなかったかなどを調べています。

タイトルとURLをコピーしました