妙義山「丁須の頭」付近で滑落事故、神奈川県の男性が死亡

25日午前、安中市松井田町の妙義山で、神奈川県の男性が登山道から滑落し死亡しました。

安中警察署によりますと、死亡したのは神奈川県横須賀市の会社員、髙橋一哲さん49才です。今日午前10時過ぎ、妙義山の「丁須の頭」付近で、登山道から滑落した髙橋さんを別の登山者が目撃し110番通報しました。県の防災ヘリが11時過ぎに崖下に倒れていた髙橋さんを発見し、前橋市内の病院に搬送しましたが死亡が確認されました。髙橋さんは1人で登山中だったということで警察が事故原因を調べています。

事故があった付近はこれまでも滑落事故が多く発生しており、今月19日にも男性が滑落し重傷を負う事故が起きています。

タイトルとURLをコピーしました