群馬県議会 県一般会計11月補正予算案など24議案を審議へ

群馬県議会の議会運営委員会が17日開かれ、山本一太知事は、42億6000万円増額の県一般会計11月補正予算案など、第3回後期定例会に提案する24議案を示しました。補正予算案は、県職員などの給与改定で22億8000万円を計上したのをはじめ、新型コロナウイルス関連事業に14億1000万円、物価高騰対策に4億5000万円を計上するなどしています。

県職員などの給与改定では、職員の月給を平均で0・78パーセント引き上げ、ボーナスの支給月数を0.1ヶ月引き上げて年間4.5ヶ月とするほか、知事ら特別職のボーナスの支給月数を0.1ヶ月引き上げて年間3.4ヶ月にします。

補正予算案は、11月24日に開会する県議会第3回後期定例会に提案されます。

タイトルとURLをコピーしました