群馬大学 メールでアドレス公開した状態で誤送信 137人のアドレスが表示される

群馬大学が、群馬県から委託を受けた事業のメールを送信する際、誤って宛先のメールアドレスがすべて表示された状態で送っていたことが分かりました。

県児童福祉・青少年課によりますと群馬大学が県の委託を受けて実施している「子どもの心のケアネットワーク事業」で13日今年度の研修受講を申し込んだ人のうち、今後の情報の受け取りを希望した137人に講座開催の案内メールを送信したところ、メールアドレスがすべて表示された状態で送信されていました。メールを受信した人から14日県に対し、メールアドレスが全員分表示されていることを指摘する連絡があり、発覚しました。県から報告を受けた群馬大学がメールの送信先に対し受け取ったメールの削除を依頼しました。メールにはアドレスと個人を紐付けるような情報はなく、現時点で二次被害は確認されていないということです。県は群馬大学に対し、個人情報の管理の徹底について再度指導するとしています。

タイトルとURLをコピーしました