HI!心呼吸 9月25日(水)

M1>  What’s It All Supposed to Mean?  /    ギルバート・オサリバン

 

ALONE AGAIN♪でお馴染みのシンガー・ソングライター

『ギルバート・オサリバン』

オリジナル・アルバムとしては14作目でしょうか?

ポップスの王道といえるメロディ・・・期待通り。

2003年の1枚『ピアノ・フォアプレイ』

声の変化は仕方ないかもしれませんが、しかし彼の歌いこなし、

温もり、落ち着き感。変わらない。

このアルバムの全体的に落ち着き。これぞ大人のポップス。

キャッチーでありながら、飽きさせない。

それって凄い難しい事だと思うんですが、サラッと成し遂げている。

オサリバンの魅力全開に楽しめて僕は大好きな1枚♪

これぞ胸キュンな音楽です♪秋の耳にフィットします♪

 

 

 

 

M2>   ある愛の伝説 / スティーヴィー・ワンダー feat.TAKE6

 

現地時間2001年9月21日(金)の夜、多数のスターが勢揃いして生放送された、

同時多発テロの被害者の遺族への寄付を募る2時間にわたるテレソンの模様。

「アメリカ:トリビュート・トゥ・ヒーローズ」

『アメリカ魂』を称え国民をひとつにするために企画された番組。

全世界210か国で8,900万人がこのテレソンを視聴していたんです。

その中で「スティーヴィー・ワンダー feat.TAKE6」が歌ったのは

『ある愛の伝説』(Love’s in Need of Love Today)♪だったんですね。

スティーヴィー・ワンダーのバイオグラフィーにもその出来事が明記されています。

その模様を収めたオムニバスアルバム

2001年にリリースされた『アメリカ:ア・トリビュート・トゥ・ヒーローズ』

このアルバムは色々あった9月中に日本でも聴くべきじゃないかな。

HI!心呼吸 9月24日(火)

M1>    コーマタイズド   /     レオナ・ネス

 

ノルウェー出身の女性シンガー『レオナ・ネス』

イギリス・ロンドン育ち。14歳の頃から作曲、ギターに興味を持っていたという彼女。

18歳の時にデモ・テープとギターを持ってNYへ。そこから彼女のメジャーでの物語が始まったんですね♪

2000年にリリースされた彼女のデビュー作品『レオナ』

今では実力派のシンガー・ソング・ライターの呼び方がしっくりくる。レオナ・ネス。

キャロル・キング、ジョニ・ミッチェルの雰囲気を感じさせる存在感は、

このデビュ-作から彷彿させます。

フォーキーでしっとりとした楽曲・・・。

少しだけかすれたキュートな彼女の声・・・。

この秋の空気にピッタリです♪レオナ・ネス♪

 

 

 

 

M2>    コール・ミー  /   ザ・レンブランツ

 

「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」は今になっても名曲だと思う。

外国ドラマ「フレンズ」の主題歌にも使われていたのを覚えている方も多いはず♪

1995年『THE REMBRANDTS』がリリースした3rdアルバム

『L.P.~アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー』から♪

“I’ll be There for You”ももちろん収録されている1枚です。

さて、このバンドの持ち味は、実はもっとほのぼのしたミドルテンポの曲♪

そして綺麗なメロディラインなんです。

ポップなメロディーにのって郷愁感。

ノスタルジーなんかを感じさせてくれるんです。

このポップセンス。

イギリス的な郷愁感は日本にも似合います。

HI!心呼吸 9月23日(月)

M1>   ニューヨークの秋   /     ジョージ・ケイブルス・トリオ

 

今週は「秋分の日」からスタート♪

秋が本格的にスタートした感じがしますよね♪

今日はジャズ・ピアニスト『ジョージ・ケイブルス』からスタートです。

「ジョージ・ケイブルス」(George Cables)1944年11月生まれ。

ベテラン・ピアニスト。

彼のピアノは、適度に硬質のタッチ。

しかし、ガンガンと叩くようなモノではなく、「しなやかさ」を併せ持っている。

聴いていて実に「粋」で滑らかで、楽しい。

2000年に録音された作品「NEW YORK CONCERTO」(ニューヨーク・コンチェルト)はその代名詞的な曲調を聞かせてくれる。

秋のスタートに粋なJAZZはいかがですか?

 

 

 

 

M2>  ウォーク・アップ・ディス・モーニング /   メイヴィス・ステイプルズ

 

『メイヴィス・ステイプルズ』

1950年代から活躍し続けているゴスペル・シンガー。

ロックの殿堂入り(99年)、グラミー特別功労賞(05年)を受賞しているというソウル・ミュージックの巨匠。今だ現役の伝説的ソウル・シンガーさんです。

そんな「メイヴィス・ステイプルズ」の2013年にリリースされた

アルバム『ワン・トゥルー・ヴァイン』

心の歌と言われるゴスペルですが、この方の声はゴスペルなどを知らない僕でもちゃんとメッセージを届けてくれるような力強さがあるんです。

60代後半から70代にこんなにコンスタントにたくさんのアルバムをリリースしたシンガーを僕は知りません。魂の歌声が聴く者をふるわせるってこういう事。

このアルバム『ワン・トゥルー・ヴァイン』

是非、心で彼女の魂を聴いてみて下さい♪おススメです。

HI!心呼吸 9月20日(金)

M1> It’s Never Easy To Say Goodbye /  ワイノナ・ジャッド(ウィノーナ・ジャッド)

 

今週の締めくくりはこんな大人のバラードでいかがでしょうか?

1992年にリリースされている『Wynonna』

Wynonnaを日本ではウィノーナと表記していることも多いですが、

正式には「ワイノナ・ジャッド」だそうで・・・。

アメリカ・ケンタッキー州アシュランドで生まれた彼女はカントリー・シンガーとして大成功を収めたシンガーの1人。

そんな彼女の1992年のこのアルバムはシンプルで、メロディアス。

彼女の声を前面に押し出した作品でもあります。

It’s Never Easy To Say Goodbye♪は大学時代によく聞いた1曲。

ピアノの優しいメロディに癖のないワイノナの伸びのある声が郷愁を誘いますな♪

 

 

 

 

M2>   ロンリー・ガールズ  /     ルシンダ・ウィリアムズ

 

締めくくりはルシンダの歌声で心を落ち着かせて♪

ジャンル的にはカントリー・シンガーという位置付けですが,

フォーク・カントリー・ロック・ブルーズの要素が全て詰まった1枚とでもいえます。

「ルシンダ・ウィリアムズ」の2001年にリリースされた

『Essence』から。

何と説得力のある歌声なんでしょうか。

全体的に静かで落ち着いた内容に♪

その中でも「ロンリー・ガール」はアルバムのオープニングを飾る1曲。

この曲から始まるアルバム、一気に彼女の声に耳が捕らえられます。

シンガーソングライターらしさを際だたせる1枚でシットリと。

渋さの中で煌めく幼さのような。彼女の声って何なんだろう…♪好き。

HI!心呼吸 9月19日(木)

M1>                 ハーツ・デザイアー   /     キャロル・スローン

 

この円熟味あふれる歌声の心地よさ。

安心感に満ち溢れるメロディ♪

秋ですね♪コンテンポラリー・レコードからコンコード・ジャズへ移籍しての第1弾。

1992年にリリース『Heart’s Desire』

キャロル・スローン54歳の時の録音された1枚。

優雅でいてチャーミング。

レギュラーのトリオの演奏との息のピッタリさにもうっとりします。

バラードからスウィングまで現代的なアレンジで非常に聴きやすくて

飽きのこない作品でお気に入り♪

個人的に彼女の声質はずっと聴けるタイプのモノではありませんが、

この1枚はこのシーズンには近くに置いておきたくなる。そんな作品です♪

 

 

 

 

M2>   Kiss From A Rose  /    SEAL  (シール)

 

1994年発表の2nd『SEAL』

SEALの代表曲♪

シンセの音がかなりソウルフルでミステリアス。

そこにシールの柔らかなソウルフルなボーカルとマッチ♪

アルバム全体でミステリアスな世界観を構築。

シールのソングライティングの才能も評価される証明になった作品です。

その中でもこの曲の壮大さ。

美しさは特別ではないでしょうか?

『Kiss from a Rose』♪

ストリングスが壮大に響いてやっぱり良いです♪

フワフワしたようで心に残るメロディーは25年経った今でも沁みるわ~♪

HI!心呼吸 9月18日(水)

M1>   Olana オラーナ  /   マーク・コーン

 

クリーヴランド出身のシンガーソングライター『マーク・コーン』

32歳の時のデビュー作でグラミー賞の最優秀新人賞を獲得。

R&Bをベースにしたサウンドに深みのある歌声が絶妙です。

大学時代にはピアノの才能を開花。

このアルバムにも彼のピアノのサウンドも大いに生かされています。

あの「Cher」も彼の作品をリメイクしていたりするんですよね。

1998年にリリースされた「Burning The Daze」

彼の2 ndアルバムから、このシンプルで飾らない感じのスタイルの1曲。

「オラーナ」♪

マーク・コーンの温かみのあるヴォーカルが際立ちます♪

豪華なゲスト陣も話題になった個人的には名盤♪

今聞いてもこのシンプルな歌と歌詞が泣けます♪

 

 

 

 

M2>   Hopefully Yours  /    スティーナ・ノルデンスタム (スティーナ)

 

『スティーナ・ノルデンスタム』

スウェーデンの歌手。ソングライター、ミュージシャン。

ストックホルム生まれの彼女は1991年にアルバム

『メモリーズ・オブ・ア・カラー』でデビューを飾ったんですが、

この2ndアルバム1994年『And She Closed Her Eyes』はメチャクチャ良い。

最高の歌声を持っていながら。日本での知名度の低さはなんなの???

彼女のデビュータイミングは「若干15歳」っていうから驚きますよね。

スウェーデンのインディーズ・シーンに出現してから、

このアルバムリリースまで約10年。

ほら?ね?間違いなくノックアウトされますよね。

スティーナのカワイイ歌声はズルい。

この甘いウィスパーボイスはズルい。現在ももちろん活躍中です♪

HI!心呼吸 9月17日(火)

M1> シーズ・オール・アローン  /   アグネス・ストーン(AGNES STONE)

 

こんな哀愁たっぷりの歌声はいかがですか?

実は彼らは「クインシー・ジョーンズ」のレーベル「クエスト」からデビューした

白人4人組『アグネス・ストーン』

R&Bがルーツという彼らですが、アルバムの全体をアコースティック・ベースのサウンドが覆います。

そしてこのヴォーカル・スタイルもどう聞いてもロック寄り。

クインシー・ジョーンズと彼らの接点が見つからないのか・・・と

思いながら聴いていると、さすがR&Bレーベル。

徐々にR&Bのテイストを感じてくるんです。

まぁ、レーベルの事なんて関係なく彼らの持つ哀愁みたいな雰囲気が好きになっていたんですが。1994年の彼らのデビューアルバム『AGNES STONE』から。

She’s All Alone♪の空気感はこの時季ですよね♪

 

 

 

 

M2>  ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト /  シェリル・クロウ

 

グラミーの常連と言われ、アメリカを代表する女性ロック・ヴォーカリストに駆け上がった『シェリル・クロウ』

彼女の放った2003年のベスト盤

「ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シェリル・クロウ」

デビューの頃から彼女の声は、いつの間にやら自然に耳に入っていて、

世界で愛されたヒット曲達は生活の中にも入り込んでいたんだ。

とこのベスト盤は教えてくれます。

たくましい歌声がお気に入り。70年代の雰囲気を持った曲に虜になったデビュー当時。

改めて彼女の歌声を聴く機会をこのベストはくれました。

キャット・スティーヴンスのカバー「ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト」

この1曲は彼女のそれまでのイメージを変えてくれた名曲です♪

他の曲の歌詞が結構シリアスだったりする。それもまた彼女の魅力。

HI!心呼吸 9月16日(月)

M1>   My Cherie Amour  /    小野リサ

 

今日は「敬老の日」♪

これからもオジイチャン、オバアチャンの御長寿を願いながら♪

ゆっくり聴いて頂ける2曲。

僕がオジイチャンになっても聴いていたい2曲を選んでみました。

2000年のリリース『Pretty World』「小野リサ」さんのアルバムから♪

90年代に入ってからのリサさんの存在が大きすぎる。

そよ風のような歌声と魅力的な笑顔は今も変わらず。

ボサ・ノヴァの都会的なセンスと素朴さを表現する彼女の歌声は大事。

スティービー・ワンダー「My Cherie Amour」のカバーがこんなにもナチュラルであることの尊敬と、チャーミングな彼女の変わらない歌声は人を虜にします。

今日はこの名カバーからスタートです♪

 

 

 

 

M2>      ジョリー   /    アル・クーパー

 

この誰もが知っているイントロがたまらない!

この曲って別格ですね。

「AL KOOPER」-『Jolie』

アル・クーパーの最高傑作という呼び声の高い

1972年のアルバム「Naked Songs」に収録された1曲。

まさに時代を超えるマスター・ピース。

1944年2月5日生まれの『アル・クーパー』

かれはとても多才な方。作曲家・ミュージシャン。キーボーディスト、オルガニスト、ギタリスト・・・。ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」でのオルガン演奏は有名ですよね。

日本人好みの揺れのあるマイルドなヴォーカル。

鍵盤の瑞々しい響き、そして情熱的なサウンド。

愛したのは君だけだよ・・・ストレートすぎるラブソング♪

HI!心呼吸 9月13日(金)

M1>    トライ   /       Blue Rodeo

 

今週の締めくくりはカナダ出身のバンド「Blue Rodeo」

1986年の発表作『Outskirts』から。

カナダでは絶大なる人気を誇り、カナディアン・カントリー・ロックを今も届けるバンドです。アメリカをベースに今も活躍中。それがカッコいい♪

バンド結成は1984年。ですからこのアルバムがリリースされたのは結成して直ぐ。

フレッシュさが感じられるサウンドは「青春」という言葉が似合うかも。

Vo.「ジム・カディ」、そして「グレッグ・キーラー」

このジムとグレッグが交互にヴォーカルをとるというバンドです。

このファーストアルバムで彼らのポップさ、大らかな雰囲気が漂います。

少年みたいなヴォーカルが好印象。

おの「トライ」は彼らの代表曲として全世界で愛された1曲♪

日本人好みの哀愁さ、切なさを感じるヴォーカルにも注目です♪

 

 

 

 

M2>  My Ever Changing Moods  /   ジャックソウル

 

カナダ繋がりで♪

カナダを代表するソウル・シンガー『Haydain Neale』(ヘイデン・ニール)率いる

『Jacksoul』

カナダで人気を博したシンガーソングライターは、以前はホテルマンだったという過去を持ち、メジャーシーンに躍り出たんです。

彼が影響を受けた名曲たちを彼のフィルターに通して歌った作品がコレ。

2007年にリリースされた「MY SOUL」

Jacksoulのカバーが良いんです♪チープさもなく、自分の世界でアレンジ。

彼のセンスの良さも感じられます。

今日はスタイル・カウンシルのカバーです。My Ever Changing Moods♪

その他には先ほどおかけした『Try 』(Blue Rodeo)のカバーも♪

幅広い彼のセンスの良さと、彼の歌声も堪能して下さい♪

HI!心呼吸 9月12日(木)

M1>    Coronation Street (コロネーション・ストリート) /  マーク・ジョーダン

 

カナダのトロントで生まれたシンガー「マーク・ジョーダン」

なんだかスポーツ選手みたいな名前ですが、

1980年代を中心に人気を博したAORシンガーの1人♪

父親はジャズ・シンガーだったというのが納得できるのがこのアルバム。

1993年にリリースされた『レックス・ヴァレンタイン』

それまではAOR中心のアダルティな曲を発信していましたが、

このアルバムでは路線をジャズに傾けたこんな曲も印象的。お父さんの影響なのか?

濃厚でクセになる様な1枚を完成させてくれました。

もちろんAORの片鱗も曲の節々にも歌声にも感じますが、

ピアノのメロディにゆったりと歌い上げられる潤んだ声質にはノックアウト。

夜の時間帯にも良いですが、この午前中の時間にゆったりと♪

彼の歌声に身をまかせるのも良いもんです。

 

 

 

 

M2>  St. Judy’s Comet / セント・ジュディーのほうき星 /  ポール・サイモン

 

「ポール・サイモン」「サイモン&ガーファンクル」のシンガー・ソングライターとしてはもちろんですが、そんな肩書きだけでは語りつくせないほど自身の音楽を追及する真のアーティストさん。現在77歳!

そんな彼の1973年の名盤『ひとりごと』 (There Goes Rhymin’ Simon)

はポール・サイモンの3作目のソロ・アルバムです。

この時代は「サイモン&ガーファンクル」はもちろん解散されているわけですが、

ソロとしての評価があまり得られない作品が続き、

このアルバムで改めて彼のソングライティングにスポットライトが当たった感じ。

とにかく全曲がゴキゲンです。

独特のメロディ展開。演奏パートのリズムの明快さ。

そこにジャズテイストも加味される。

さぁ、ドップリとこの時代のサイモンの世界に浸かりましょう♪