FM GUNMA
トップページ リクエスト・メッセージはこちら 番組表 番組紹介 パーソナリティー オンエアーリスト ラジオCM FMぐんまへのアクセス方法はこちら
【オリコンニュース】
TOP> オリコンエンタメニュース>『ビビット』BPO判断を受け見解
『ビビット』BPO判断を受け見解
 放送倫理・番組向上機構(BPO)の検証委員会から「放送倫理違反」と判断されたことを受け、TBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』(当時)の後継番組『ビビット』の公式サイトが5日、再発防止に努めることを明言した。

【写真】『ビビット』MCに真矢ミキと夫の西島数博

 問題となった「犬17匹飼うホームレス直撃」企画は今年1月31日に放送されたが、その直後から番組内容に厳しい意見が寄せられたことから、同番組は放送内容と過程を改めて検証。その結果、取材した男性を傷つける表現や取材手法に不適切な点があったとして、公式サイトで謝罪していた。

 この日、BPOが番組内容について「放送倫理違反」と判断したことから、サイトでは改めてこれまでの経緯とBPOが問題点として指摘した箇所を説明。そして、「番組ではこの放送について、3月3日に謝罪放送をすると共に、関係者の方々にお詫びを致しました」と過去に謝罪したことを明記した。

 最後に「私たちは今回の意見をしっかりと受け止め、こうしたことが再び起こらないように努めて参ります」と今後に向けての決意を表した。

 問題となったのは、今年1月31日に放送された多摩川の河川敷で生活するホームレスたちを特集するシリーズ『多摩川リバーサイドヒルズ族』での、「犬17匹飼うホームレス直撃」という企画内容。法定の狂犬病予防接種を受けさせずに多くの犬を飼っているホームレスの男性を「周辺の住民に迷惑をかけている人物」として取り上げた。 その際、この男性を「犬男爵」と呼んだうえ、別のホームレス男性の発言を引用して、「人間の皮を被った化け物」とカラーのイラスト付きで表現した。

(提供:オリコン)
TBS『ビビット』公式サイトがBPO判断についてコメント (C)ORICON NewS inc.
【関連記事】
松本人志、アキラ100%の裸芸「一番倫理観ある」 BPOへの“苦情”に持論 (17年05月21日)
佐々木心音、映画撮影中に脳震とうで病院搬送 瀬々監督が懺悔&謝罪 (17年09月26日)
TBSラジオ、グアムでの飲酒シーン放送で謝罪 バナナマン&生駒らにも「ご迷惑を」 (16年03月09日)
神木隆之介、福士蒼汰の”キモい”発言謝罪に「修羅場だね」(14年11月15日)
BPO、「キモイ」発言審理打ち切り 府議の申し立て取り下げで (15年01月27日)

▲ページTOPに戻る
ザスパチャンネル














携帯サイトはこちら


| TOP | リクエスト | 番組表 | 番組紹介 | パーソナリティー | オンエアーリスト | ラジオCM | アクセス | 会社案内 |
Copyright 2010 FM GUNMA.All right reserved.