ONAIR後記~1/22(金) ユウガチャ!+ 「赤ちゃん先生」の活動にフォーカス!

1/22(金)ユウガチャ!+の「ユウガチャ!フォーカス」では子育て中のお母さんが、赤ちゃんと一緒に、学校や介護施設、企業などを訪問して、命や家族の大切さや、癒やし、希望を伝える活動をしている、「NPO法人 ママの働き方応援隊 群馬校」の活動に迫りました。

赤ちゃんがお母さんと一緒に行う、まさに「出前授業」で、1回につき0歳児の赤ちゃん数人が、お母さんと一緒に「赤ちゃん先生」という名前で訪問をして、小中高校や大学、企業、介護施設などで、実際に赤ちゃんと触れあってもらったりすることで様々なことを感じてもらおうというプログラムです。

「赤ちゃん先生」は、もともと兵庫県神戸市で2007年にスタートした活動で、その後全国各地に支部組織が広がり群馬では去年3月から活動がスタートしました。

NPO法人 ママの働き方応援隊群馬の代表で、この「赤ちゃん先生」の活動を群馬ではじめた横山麻衣さんは、出産をきっかけに、子供と一緒に活動できる「赤ちゃん先生」の活動に興味を持ち、2015年3月に「NPO法人 ママの働き方応援隊 群馬校」を立ち上げました。

「赤ちゃんといることが仕事にできる」というところに魅力を感じて活動をはじめたそうです。育児が大変で、様々な能力をもちながら仕事をあきらめたお母さんが社会で仕事をするサポートが1つの大きな目的。

そして「赤ちゃん先生」の活動では、授業に来てくれた人にも命や家族、親になることの大切さやふれあい・癒やしなどを、提供できるのも魅力や活動意義だそうです。

お母さんには1回につき2000円の謝礼金が出るそうです。ただし事前に「ママ講師」になるための有料の研修を受ける必要があるそうです。また「赤ちゃん先生」を呼ぶ方も、補助金などが利用できるケースはあるものの基本有料にすることで、お母さん達に「ビジネス」の場を提供するという意味をもたせているそうです。

「ママ講師」として活動に参加しているお母さん達は新しい仲間に出会えた、自分の能力を活かせる、子供が明るくなったなどの感想を話しています。

一方で群馬で現在活動をしている「ママ講師」は10人前後でまだ少なく、活動への理解や知名度などをあげていく課題があったり参加者を、もっと増やしたいという思いもあるそうです。

「赤ちゃん先生」をきっかけにした、育児中の女性の社会参加をサポートする活動に注目してみてください。

FM GUNMA 岡部哲彦アナウンサー

結婚イベント 【締め切り1/29(金)】農業に興味のある方大歓迎!JA群馬青協婚活パーティー2/6(土)@ホテルメトロポリタン高崎 主催:群馬県農協青年部協議会

群馬県農業者との素敵な出会い見つけませんか?
群馬県農協青年部協議会が主催する婚活パーティーが現在参加者募集中です!
昨年は2組のカップルがこの婚活イベントを通して結婚に至ったという実績もあり。

詳しくはこちらの資料をチェック
→PDF資料

ON AIR後記~1/13(水)「ワイグル」子育て相談メール

ワイグルスタッフです。
2016年も、もう13日。みなさん、お正月モードは脱しましたか?

今日もクラブエアには、お子さん連れのママが!
ママ踏ん張ってますね。

20160113

今週は、ご紹介しました引越しメールから。


RN:夜のブタンクス さん

「内藤さん、実は今年新築が完成し、4月には引っ越しをします。そこで悩みがあります。子供が慣れ親しんだ幼稚園も変えなくてはなりません。親としては一番心配なのが、やっぱりイジメなんです。特に女の子はグループで行動する傾向があるみたいなので、新しいい保育園で他のお友達に溶け込めるかが心配です。正直、先生方の事もよくわかりません。引っ越しするまでにあと3か月くらいあります。その期間、親として子供に何かしてあげられることはありますか?同じ経験をしたことのある先輩リスナーさん、アドバイスくださいお願いします」


そしてアドバイスは、RN:スケッチ先生さんから頂きました。


RN:スケッチ先生 さん

「保育園が変わっていじめられる事を心配しているお母さんへ
気にしなくていいと思います。出来る事は、きっと楽しいよ、先生も優しいよと、新しい保育園への不安を消してあげてください。通い始めたら、お母さんも先生と沢山話してください。これは、いろんな家族の方に一つの提案ですが、もし、子供が学校でいじめられたら、学校が全てじゃな事を教えてあげてください。学校は世界ではない、それは大人だからわかることで、学校へ行っている子供には難しい物です。なので、何か習い事、簡単なものでいいです。出来れば学校の人がいない、別の学校の子や大人もやっている習い事をやらせてみて下さい。私は中学、高校、いつだって私を嫌う人間がいました。でも私は、絵画教室や切り絵教室、フットサルなどで、沢山の大人や別の学校の同じ目標のある人と触れ合いました。これが、学校だけじゃないって事を教えてくれました。そういう事もある、ってもしよかったら頭の片隅に入れてみて下さい。学校や保育園だけに囚われないで。子供も家族も」


スケッチ先生さん他、メッセージありがとうございます。

そして、RN:いちごがお さんからは!

「今朝も朝の送り出しにバタバタと準備をしていると、上の娘は鼻歌を歌いながらのんびり準備をしていることに、ついイライラして、鼻歌を歌わないで準備しなさい!と言うとすっかりテンションを落としたまま、準備をし、主人と一緒に幼稚園へ行きました。鼻歌ぐらい歌わせたってよかったよな。と今日も朝から私も反省しています。明るいママになって、楽しく送り出ししたいです。他のママさんたちはどうやっているのでしょう」と頂きました。


 

RN:みみみのみ さん
「いちごがおさんへ。私も2人の子供を持つ母です。毎日子育てに追われて1日の終わりには反省することばかりです。朝の忙しい時間の子供の鼻歌。余裕がある時はとても微笑ましい光景ですが、そうでない時はイライラもしてしまいますよね。私も年長の息子がいるのですが、同じような事でつい叱ってしまうこともありますが、理不尽な怒りだったなと思いモヤモヤした気持ちが残ります。朝は忙しくて余裕を持つのも大変ですが、お子さんのマイペースなところを認めてあげて一緒に鼻歌を歌える余裕が持てるといいのではないでしょうか。うちの子もとってもマイペース。これは私の今年の目標でもあるんです。今しかない子供らしさ、大事に一緒に子育て頑張りましょう」


ついつい イライラしてしまう事ってありますよね。

今日はあまりご紹介出来ず申し訳ありませんでした。
明日も、ご紹介しますので、是非メッセージお送りください!
こちらから送れます!
http://www.fmgunma.com/wg/wg.php

お待ちしています。