18/19シーズン キャプテンインタビュー 三好 紗弥香 選手

6人制移行3シーズン目で初のリーグ優勝を果たした群馬銀行グリーンウイングスは、昨シーズンに引き続き、三好紗弥香をキャプテンに新シーズンをスタートした。

チームは、二十歳前後の選手が中心となり、在籍年数も3年以内という選手がほとんどになった。9人制から6人制への移行期間を経て、新たな時代のスタートとなる。

才能と将来性に満ち溢れる選手たちは、石原昭久監督の指導のもと、その力をコート上で如何なく発揮し、勝利を積み重ね、リーグ優勝を勝ち得る強さを見せたが、シーズンの中では、若さや経験値の少なさゆえの弱さも露呈することも少なくなかった。

そんなチームを束ねてきたのが三好だ。持ち前の明るさもさることながら、大学時代にもキャプテンを経験していて、プレーもさることながら、精神的な部分でチームに安定をもたらし、若いチームを優勝へと押し上げたのだ。そして、石原監督は、新シーズンも、三好をキャプテンに指名した。

キャプテン就任について三好は、「昨シーズン優勝できたことはひとつ区切りをつけて、もう一度、初心を忘れずに頑張ろうと思う。」としっかりと気持ちの整理をつけて、新たなシーズンに挑む覚悟だ。

リーグは、3部制から2部制へと変わり、グリーンウイングスもV2リーグという新たな枠組みの中で新シーズンがスタートする。昨シーズンまでのライバルはもちろん、格上のチャレンジリーグⅠだったチームともしのぎを削ることになる。

そんな新シーズンに向かうチームの様子について三好は、「チャレンジリーグⅡの優勝チームとして『下手な試合はできないぞ!』という、ちょっとしたプレッシャーもあるが、それがチームを引き締める事にもつながっている。」と話した。

一方で、三好は、新シーズンを「楽しみにしている」とも語っている。その理由を尋ねると、「昨シーズンは、チャレンジリーグⅠでも勝てるチーム作りをしてきたつもりだ。だから、そこがどのくらいライバルチームに対抗できるのか楽しみだ。」と教えてくれた。

確かに、昨シーズンは、戦術、技術と大きな成長を見せた。だが、それがそのまま上位チームに通用するほど甘くはない。三好もそれを理解している。そして、その力を伸ばし、ライバルに勝つためにチームで掲げたのが「自立する」というテーマだ。特に、選手として、精神的な自立が重要だと考えている。

三好は、「1年で技術的には上がったが、それをもっと伸ばすには内面的な部分が大事になる。苦しく、厳しい試合が増える。そんな時に強くいられるチームにしたい。」と語った。厳しい局面で何がチームのために必要なのか、そのプレーがしっかりできるのか、気持ちが崩れないのかといった事が、誰に言われなくてもできるのか?いつ如何なる時でもできるのか?培った強さを如何なく発揮するためには、各選手が自立しなければならない。

チームを束ね、支えた昨シーズン。今度は、そこから更に、選手たちの自立を促し、精神的な強さを兼ね備えたチームへできるか?これが18/19シーズンの群馬銀行グリーンウイングスのキャプテン・三好紗弥香に課せられたミッションなのだ。

目標は、「全員が自立した選手になる事。そして、V2リーグで優勝めざして頑張る事。」

シンプルであるが、今のチームに必要なこの二つの目標を成し遂げるために奮闘する三好紗弥香を、我々も、大きな声援で、支え、昨シーズン以上の歓喜の瞬間を味あわせてもらおうではないか。

選手投稿情報「Gresta☆」#21

グリーンウイングスの選手たちがコートでは見せない特別な姿をメッセージと写真であなたにお届けしちゃう選手投稿情報「Gresta☆(グリスタ)」!今回は、「大人な女性」になった4人のお話!?


今回は、同期コンビの#11サヤカ(三好紗弥香)と#12チナ(土屋智菜実)がお送りします!

まず、2017/18シーズン、沢山のご声援ありがとうございました!

試合を重ねるごとに、試合会場で応援の声が大きくなっていることを肌で感じたり、会社や地域の人から声を掛けられることが増えたり…その一声があったからこそ、苦しいときでも歯を食いしばって戦い抜き、ふと終わってみたら“優勝”という最高の結果でシーズンを終えることができました。日頃から私たちを支えてくださる皆さん、会場に足を運んで声援を送ってくださった皆さん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

さて、そんなリーグ戦中、実は、めでたく成人を迎えた仲間がいます!今回は!今後の抱負とともに振袖姿を披露させていただきます(*^^*)

#3 鈴木日葵

成人したので、バレーもバレー以外ももっともっと頑張りたいと思います!!

#4 小林愛里

成人を迎えることが出来たので、心も大人に近づけるよう頑張ります!そして女子力も…笑

#6 栗田楓

気付いたら成人を迎えていた…という感じです。想像していた20歳の自分とは程遠いですが、初心を忘れずに頑張っていきたいです!

#7 寺坂茜

やっと二十歳になれた!という感じですが、はめを外しすぎず、新たなスタートとして気を引き締めていきたいと思います!

以上4名、おかげさまで成人を迎えることができました…。じーん

普段のかっこいいユニフォーム姿とは違い、綺麗な振袖姿ですよね!新シーズンでは、日々成長している4人のプレーにもぜひご期待ください!

最後に、新人2人のアヤネとワカナを迎え、新体制としてまたシーズンが始まりました。私たちも気持ち新たに、新リーグに向け日々頑張っていきます!今後とも応援よろしくお願いいたします!

以上、サヤカとチナでした。


先日のファン感でも、ユニホーム&ジャージー姿ではない、行員制服姿&私服姿を披露した選手たち。それを上回る!?振り袖姿を惜しげもなく公開してくれました!!(・∀・)笑

新シーズンも、コート内外で応援してくれるみんなを魅了してもらいましょう!

4/24放送分 Fly High Green Wings

4/24放送のFly High Green Wings!は、新たなメンバーとして加わった新加入選手のふたり、古市彩音選手、安福若菜選手のふたりを迎えて、ここまでの様子をうかがいました!

昨シーズンも内定選手としてきらりと光るものを見せてくれたふたり。ますますの成長で、自身を、チームをより輝くものにしてもらいましょう!

3/27放送分 Fly High Green Wings

3/27放送のFly High Green Wings!は、石原昭久監督とキャプテンの三好紗弥香選手を迎え、リーグ初優勝となった今シーズンを振り返りました。

6人制移行、3年目でリーグタイトルを勝ち得たグリーンウイングス。ひとつの成果を得たものの、すぐにやってくる新シーズン。新たなVリーグは3部制から2部制へ。より厳しさが増す新シーズンでグリーンウイングスがどんなバレーボールを見せてくれるのか期待しましょう!

2/27放送分 Fly High Green Wings

2/27放送のFly High Green Wings!は、須﨑杏選手と谷内真美選手をスタジオに迎え、リーグ優勝の感想を聞くとともに、群馬銀行バレーボール部での思い出などをうかがいました。

9人制時代からチームを支え、6人制の移行期に特に中心的役割を果たしてきたふたり。ふたりにとってはいろいろな意味を持った優勝になったんじゃないでしょうか。このチームがさらに歴史を深めるとともに、その重要性が増すと思います。素晴らしいバレーを、そして、最高の結果をありがとうございました。

*制作側の手違いにより、今回の放送はアップできません。大変申し訳ありませんが、ご理解いただけたらと思います。

12/26放送分 Fly High Green Wings

12/26放送のFly High Green Wings!は、チームのキャプテンと副キャプテン、三好紗弥香選手と柿沼杏奈選手がスタジオに来てくれてリーグ前半戦の感想と後半戦への意気込みを語ってくれました。

リーグ後半戦のスタートとなった柏エンゼルクロス、プレステージ・インターナショナル・アランマーレ戦に勝利し、2連勝スタートとなったグリーンウイングス。勝負はここから!全員バレーで高みを掴みましょう!

最高の瞬間と最高の誕生日を掴むために…リーグ後半戦、スタート!!

リーグは、皇后杯、年末年始の中断期間を終えて再開する。首位・柏エンゼルクロスを3ポイント差で追いかける群馬銀行グリーンウイングスは、初のリーグ優勝に向け厳しい戦いを勝ち抜いていかなければならない。そんな大事な戦いが始まるのを前に頼もしい選手が戻ってきた。小林愛里だ。力強いアタックが魅力の彼女は、およそ1年に及ぶケガとの戦いを乗り越えたくましさを身に付け戻ってきた。そして、彼女の復帰には、チームメイトの支えもあった。リーグ優勝という未知なる場所へたどり着くために、グリーンウイングスはさらに力強いバレーボールを見せてくれるだろう。

小林愛里は、茨城・日立二高から加入した2年目のウィングスパイカーだ。グリーンウイングスのVリーグ初挑戦となった2015/16シーズンには、早くから内定選手として帯同し、力強いスパイクでチームの攻撃を支えた。正式入部の2016年春以降も、チームの得点源として期待され、本人もその期待に応えようとトレーニングを続けてきた。そんな中、小林をケガが襲う。

昨シーズン途中となる2017年冬。夜、ベッドから起き上がり、移動しようとした際、崩れ落ちた。足に力が入らず、歩けない。全く味わったことのない感覚だった。これまでも、足に痛みは感じていたが、筋肉痛か何かの類と思い、「休めば治るだろう。」と感じていた矢先だった。だが、診断を受けた結果は、左足すねの疲労骨折。骨が砕けた状態だった。そして、ここから彼女はケガに悩まされる日々が続く。治りかけてきた夏には、今度は、右足の甲に疲労骨折が判明。バレーができない日々に、「早くバレーがやりたい。」「何のためにここに来たのか。」「自分は何をしているんだ。」と、苛立ちや焦りが続いた。

だが、そんな彼女を支えたのが、一番近くにいるチームメイトだった。ある日、小林がコートに立った時、高卒同期入部の寺坂茜が「一緒にコートにいてくれて楽しかったよ。」と声をかけてくれた。嬉しかった。そして、ケガを乗り越えて、バレーボールがしたいと思った。「みんなが、自然な形で『早く戻ってきて』『早く出ようよ』と気にかけて、声をかけてくれるのがうれしかった。見捨てられていないんだなって思えたんです。」と、小林はチームメイトの温かさに再びバレーボールに向かう力を与えてもらった。

コートに立てなかった間も漫然と過ごしていたわけではない。今まで、バレーボールを始めたころから常にチームの中心としてコートに立つのが当たり前だったが、コート外からバレーボールを見る時間を過ごし、新たにバレーボールを学ぶことができた。また、そこで感じたことをチームメイトに伝えるなど、これまでできなかった役割を果たすこともできるようになった。ゲーム中も、コートには立てないが、積極的にチームメイトに声をかけたり、サポートをすることで雰囲気作りに励んだ。ケガで苦しんだのは、小林にも、チームにも辛い事だったが、彼女にとっては今後、さらに選手としてのランクを上げるための時間でもあったのではないだろうか。

復帰戦となった、12月10日のブレス浜松戦では、途中出場し、第3セットからはスタートメンバーとしてコートに立った。個人の技術成績は高いものではなかったが、「チームの流れを変えるために声掛けをしたり、どうやったら仲間にスパイクを決めさせられるかを考えてプレーしました。」とケガの間に学んだこと、感じたことを活かそうとプレーした。そして、小林の思い、各選手の思いがひとつになったグリーンウイングスは、2セットを失い、敗色濃厚だった状況から盛り返し、連敗阻止、年内ラストゲームで勝利と大きな1勝を挙げることができたのだ。

チームは、初のリーグ優勝へ向け、再開するリーグ後半戦に挑んでいく。そして、小林も巻き返しへ向け本格的な復帰となる。

小林は、「試合に出られれば、スパイクで相手ブロッカーと勝負したい。それと、ケガの間に学んだ打ち分けることなど攻撃の多彩さも表現したい。それに、ムードメーカとして声掛けも頑張って、チームや仲間を支えたい。」と、リーグ戦への意気込みを語ってくれた。もちろん、今のグリーンウイングスは、多彩な攻撃陣をそろえるチームとなっていて、期待の大きな小林と言えどもレギュラーが約束されている立場ではない。それでも、小林は「いい意味で切磋琢磨していきたい。お互いが『あの選手の様にこうしたい!』と思えるプレーが出せ合えればチームのためになる。」と話す。そして、「だから、私も誰にも負けない自分の強さで勝負したい。そうじゃないと生き残れないですから。」と強い決意を口にした。

これまでの彼女は、自分自身を語ることで精いっぱいだったが、この1年の経験を経て、見る世界、感じる部分、思う事柄が格段に広がり、自分の事だけでなく、勝利のために、チームや仲間に自分ができることが何なのか、そして、Vリーガーとしての自分ということを語れる選手に成長したと思った。ケガは、選手生命を奪う大きな要因になる。一方で、乗り越えることができ、支えることができた時には、選手に、チームにより大きな力を与えるのだと、彼女の言葉を通じて感じた。

そして、リーグが再開する。そんな、リーグ後半戦へ向け、小林は、こんな思いを口にした。

「リーグ最終戦が誕生日なので、試合に出て、勝ちたいです。」

今シーズン、最終戦の2月17日、柏エンゼルクロス戦は、小林愛里の20歳のバースデーだ。ならば、そんな彼女の誕生日に、リーグ優勝という最高のプレゼントを付けようじゃないか。もちろん、簡単ではない、だが、今のグリーンウイングスには、それができる力が十分にある。今までにない最高の誕生日を迎えたいのは小林だけではない。だからこそ、チーム、応援団、ファン、皆が一体となったバレーボールで、リーグ後半戦を戦い抜こうではないか。

17/18 VCL2・山形大会

13日土曜 柏エンゼルクロス戦、14日日曜 プレステージ・アランマーレ戦

11/28放送分 Fly High Green Wings

11/28放送のFly High Green Wings!は、チームの広報担当のふたり、鈴木日葵選手と柿沼杏奈選手がお届けする企画コーナー。今回は、田中瑠奈選手と谷内真美選手にインタビューをしてくれました!

先日のゲームでは初黒星を喫したものの、年内ラストゲームをしっかり勝利したグリーンウイングス。年明けも、チーム一体となって悲願の初タイトルを掴んでもらいましょう!

11/25 VCL2 群馬・高崎大会 観戦記

開幕から連勝を続け、迎えた今季初のホームゲーム。リーグ優勝の候補でライバルであるブレス浜松との一戦はプレーに、気持ちに、強さを前面に出したグリーンウイングスがストレート勝ちを収めた。翌日の大阪スーペリアーズ戦も勝利し、開幕6連勝。6人制移行から石原監督のもと、成長のために必要な事をしっかりと積み上げてきたグリーンウイングス。苦しい場面でも弱気にならず、確かな強さを身に付けた彼女たちは、間違いなく今季のチャレンジリーグⅡの優勝候補一番手だ。

これまで悔しい思いを繰り返してきた浜松に対し、ホームゲームでストレート勝ち。石原監督も満面の笑みで会見室に来るだろうと思ったがそうではなかった。

「さすがブレス浜松だ。隙を見せるとすぐに追いついてくる。5セットマッチを勝った気分。本当に苦しいゲームだった。」と振り返った。

全体を見ればサーブで攻め、レセプションが安定し、攻撃の選択肢も広がり、相手を圧倒した。セッターの栗田楓も「きょうは、ディフェンスの落ち着き、オフェンスの多彩さがあった。」と選手からも攻守の良さを実感する声が聞こえた。だが、第2セット途中にあったように一つのミスから連続失点を繰り返し、一気に詰め寄られる場面もあったのは確かだ。

昨シーズンまでのグリーンウイングスなら、こうした場面から、そのまま逆転を許し、セットを落とす、試合に敗れるという事になったろう。だが、今シーズンのグリーンウイングスは違う。

キャプテンの三好紗弥香はその理由について選手たちの責任感を上げた。

「メンバーから責任感が強くなってきたと思う。スパイカーだったら『私が決める!』という思いだったりとか、選手全員に『絶対決める!』という思いがある。」と大事な局面で弱気にならず、強さをもって臨めている事を強調した。

メンバーを見れば、内定選手だった磯野明日香、田中瑠奈を含め、昨シーズンから大きな変化はない。それに、もともと能力のある選手たちが揃っていたが、まだまだ成長途中であったり、粗さがあったり、気持ちの部分で不安定さがあったりと安定感にかけ、力を出し切れていないチームだった。今シーズンも夏のサマーリーグや国体、皇后杯の予選で、大学生チームに敗れるなど、悔しさを味わった。

この間のチームの様子について三好は、「ひとりひとりがバレーボールに対し向き合うことができた。何が足りないのか?何が必要なのか?チームのためにするべきことは考えてきたことが力になっているんだと思う。」と振り返った。

コートの外では先輩、後輩、関係なく、笑顔に、笑い声にと絶えない彼女たち。そして、バレーボールに対しては常に貪欲で、勝利を欲して、そのためならどんなことも乗り越えられる選手たちの集まりでもある。

結果が出ない間は、外からチームを揶揄する声も聞こえてきた。それでもグリーンウイングスは、自らの進むべき道を信じて、手を取り合って歩んできた。開幕6連勝はフロックでも何でもない、彼女たちがつかむべくしてつかんだ6連勝に他ならないのだ。

栗田は、「チームには、要求もあるし、信頼もある。そして、自信もある。去年とは違うんです。」とキッパリと言い切った。

まだ1レグが終わったばかり。ライバルたちも巻き返してくる。それでも今季のグリーンウイングスに期待せずにはいられない。悔しさ、苦しさを乗り越え、タイトル奪取へ向け、一致団結し、突き進む彼女たちなら、皆が願う、大きな花を咲かせてくれるだろう。

<11/25、26 VCL2 群馬・高崎大会 結果>

11/26(日) 群馬銀行 3-1 大阪 25-15 18-25 25-11 25-23

11/25(土) 群馬銀行 3-0 浜松 25-16 25-23 25-16